大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談...
2019年04月30日更新

別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談室】

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

恋人との別れは悲しいものです。頭ではその別れを受け入れていても、心がなかなかついてこないこともあるでしょう。今回は、こういったお悩み相談です。

Kさん 40歳のお悩み

別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談室】

今年、1年ほど付き合った3歳年上の彼と別れました。私は結婚願望があるのですが、彼にはないようで、さらに私への気持ちも冷めたと言われてしまいました。特に喧嘩をしたわけでもなく、もともと彼は日々、仕事が忙しくて、会うのは月1ペースくらいだったのですが、だんだん私との付き合いが面倒になったようでした。

私自身も彼に不満がなかったわけではありませんが、もういい年齢なので、それでもそんな彼を受け入れて、一生懸命関係を築こうとしてきたし、きちんと愛してきたつもりです。だから、悔しくて!

頭では「別れてよかった」と思っているのですが、心がまだ納得できていません。どうしたらいいのでしょうか?

Kさんへの回答

一生懸命、関係を築こうとしたのに、相手がそんな感じではなかったのを知ると、がっかりしてしまうものですよね。

おそらくこの彼は、「恋愛をする準備ができていなかった人」なのかもしれません。特に男性はアラフォーになると、仕事に脂がのってきて面白くなってくることは多いですし、逆に体力と性欲は落ちてくるので、恋するパワーがなくなってくる人は少なくありません。

 

婚活をしている男性であっても、「結婚しなくちゃ!」と思っているから、それなりには動いているけど、実際は日々の生活に追われ、きちんと恋人と関係を築けるような心の余裕がない人も意外といるんですよね。

Kさんは一生懸命、相手との関係を築こうとしたけど、それが叶わなかったのであれば、ある意味、「恋愛をする相手を間違えた」と思ってもいいのではないでしょうか?

別れを受け入れられない理由

別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談室】4

頭では「別れて良かったのだ」と思っていても、心がついていかないことはあるものです。別れの辛さは、「愛情の度合い」によって変わってきます。

 

「別れのパターン」としては、こういうのがあります。

・恋人が魅力的でないから、フった。

・恋人が魅力的なのに、フラれた。

・恋人の欠点も分かった上で愛情を注いでいたけど、フラれた

(※「・恋人が魅力的なのに、フった」パターンは、稀なので除く)

 

「恋人が魅力的でないから、フった」くらいであれば、そこまでの辛さはないでしょう。むしろ別れてせいせいすることも。逆に「恋人が魅力的なのに、フラれた」場合は、相手を失った分、幸せを失い、辛くなります。

 

でも、「相手が魅力的だから付き合う=自分にメリットがあるから付き合う」くらいの場合は、まだ自己愛の延長であることもあります。その場合は、完璧な人なんて皆無なので、相手の悪い部分もきちんと認識して、「だから、別れてよかったのだ」と言い聞かせれば、立ち直れることもあります。

 

実は、一番メンタル的にキツイのは、「恋人のダメな欠点も分かった上で、相手を受け止め、愛情を注いでいた」パターンです。自分にとって都合がいいから付き合っていたわけではなく、欠点も含め、相手をただただ愛したときは、簡単には嫌いになれないので、愛情が消えません。

ただ、それでも最終的には、「相手の幸せのために、別れたんだ(相手が一緒にいたくないなら、仕方ない)」と思えれば、自分を納得させられるところもあるでしょう。つまり、最後の最後で、自分の愛情の真価が問われるのです。

 

「可愛さ余って憎さ100倍」になっているうちは、まだまだ自己愛の延長なんですよね。「愛する」ことの反対は「憎む」ことではありません。憎いのは、相手が思い通りにならないから。つまり、そこにある愛は自己愛なのです。

本当の意味で「愛する」ことの反対は「無関心になる」ことです。だから、彼のことを忘れるまでは、やはり時間はかかるものなんですよね。時が解決するのを、待つしかないでしょうね。

婚活女性は、余裕のない婚活男性にご注意!

別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談室】3

今回のケースでもう1つ注意した方がいいことがあります。それは、ある程度の年齢になって、結婚を望んでいる女性が、結婚相手を探すときは、「本気で結婚したいと思っている男性」を恋愛対象にした方がいい、ということです。

婚活市場にニセ婚活男性、女性は、意外といます。そういう人は、自分でもまだその準備ができていないことを分かっていないことも少なくありません。

 

結婚を前提にした恋愛というのは、ある意味、「フランス料理のフルコース」のようなものと言えます。ちょっと食べたいときに手軽に食べられる定食やインスタントラーメン、コンビニ弁当とは違うんです(※ただし、結婚しても数ヶ月で離婚してしまうような、ノリだけの結婚のケースは除く)。

 

つまり、食べるとき(関係を築くため)には、それなりの体力と体制(時間)も必要。だから、頭では「食べなくちゃ(結婚しなくちゃ)」と思っても、その体調が整っていないと、一口食べたら濃厚過ぎてもう一口がなかなか入らなかったり、時間がないと、なかなか最後までのデザートまで食べる余裕がなかったりします。そんな相手とじっくりフランス料理のコースを楽しもうと思っても、難しいんですよね。

 

やはり結婚は、軽い気持ちではできないため、「じっくり取り組めるほどの体力と体制が、今の自分にはあるのか」というのが問われてきますし、だからこそ、よく「結婚にはタイミングが大切だ」と言われるのでしょう。仕事が落ち着いたときに、ちょうどいいタイミングで出会った相手と結婚する人も意外といますしね。

つまり、今、そのタイミングではない人とフレンチを食べようと思っても、難しいこともあるのです。だから、もし「12年以内に結婚したい」と思っているのであれば、それだけ心に余裕がある人を選んだ方がいいでしょう。

結婚しなくても、無駄な経験ではない

別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談室】8

結婚に結びつかなかったからといって、人生に無駄な経験はありません。それだけ心を動かした恋愛なのであれば、Kさんの人生を彩った経験のはずです。だから、「いい経験をした!」と思って、次の恋に向かうことも大切です。

 

そこまで人を愛し、関係を築いたことは、今後の婚活にも生かされるもの。婚活では「どれだけ人を愛せる人になれるのか」が、とても大切なことだからです。またそれだけ愛せる人と出会えるといいですね!

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 別れたことに対して、気持ちが割り切れません【ひかりの恋愛相談...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。