大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】センスも金も不要!「いい女度」がちょび...

【女子のばんそうこう】センスも金も不要!「いい女度」がちょびっとUPする着こなしのコツ

 

 

やっと暖かくなってきたぞワーイ!というわけで金もないのに靴を買ったりしているこんどうです。春はつい浮かれて服や靴を新しくしたくなりますよね…。
私はいつも「自己肯定力をどんどん上げよう」と言いますが、それは特に誰の承認も得る必要なく「どんな私でも、ここで堂々と生きてていい」ってことだと思ってます。なので自分の外見に関しても好きな髪型、好きなメイク、好きな服でいりゃそれでいい!と思うのです。
ただ中には見た目に自信がない…と悩んでる人もいるかもしれない。内心もう少しだけモテ要素が欲しいと思う人もいるかもしれない。そんな人のために、今より少しだけシュッとして見える服の着かたをお届けしようと思います。ファッションセンス皆無の私がお届けするのでめちゃくちゃ簡単、ダイエットも買い物もスキルも必要ありません!

「横線」を少なくする

横に走るライン。それはさりげなくも確実に自分を寸断する恐ろしい線…!
ファッション誌によく書かれている「縦ラインを強調してスッキリ見せる」という言葉は確かに真実だと思います。じゃあ「横ライン」とはその逆、例えばボーダーを着たらよくないという話かというと…私が言いたいのは服の柄のことではありません。
ひとを俯瞰で見ると、全身の各部位が横線で寸断されればされるほどスタイルは悪く見えます。で、体型を気にして服でカバーしようとしてる人ほどなぜかこの横ラインが多い。下の絵を見てもらえると一発で分かるかも。
なので、なるべくこの横に走るラインを減らしましょう。ウエストマークなどは逆にスタイルをよく見せる有効線だと思いますが、それ以外の中途半端な位置に「ここまで」といくつも線を引かないようにしましょう。

 

【女子のばんそうこう】センスも金も不要!「いい女度」がちょびっとUPする着こなしのコツ1画像

 

「そうび」を減らす

RPGならプレイヤーの「そうび」は多けりゃ多いほど得するけど、女子の日常はそうでもない。バッグ複数持ちでそれがいずれもパンパンな「やけに荷物の多い女」。トップスとバッグとボトムス、いずれも違う柄の「柄がケンカしてる女」。アクセとバッグチャームがやけに多い「ジャラジャラな女」。最初にも言いましたが「あえて楽しんでやってる」「そういう自分が好き」なら全然いいと思うのです。でももし「もう少しスッキリ見せたい」と思うなら、そのあたりを見直してみるといいかもしれません。「そうび」が多いとね、色々抱えすぎててとっ散らかってるように見えるんですよ。ある意味「面白そうなひと」には見えるんだけど、「抜け感」「軽さ」がないんですよね。
ちなみに柄ものに関しては「顔まわりから離れたところに使う」がひとつのコツかなと思います。

細部より「全体のライン」

もしあなたが男性からの好感度を上げたいと思うなら、細部がかわいい服よりも断然「シルエットがきれいな服」を選びましょう。男性はディテイルを見ずに全体の雰囲気をぼんやり見てますから、身体のラインが何となくスッキリきれいに見える方が良し。「隠しまくった結果、シルエットがズドーンとなる」のは避けたい。スリムでもグラマラスでも体型は何でもいい!自分に合った「シルエットのきれいさ」を見つけましょう。
「ライン」ってほんと大事で、自分の目の曲線に合ってないまつエクやアイラインはその人の魅力を完全に殺すし、顔に存在する曲線に合わない直線的な髪型も、その人を老けさせたりします。
そのかわり効果的に使えばラインひとつで男を殺せたりしますから!女性特有の曲線はどんどん活かしましょう!

 

 

今日のおたより

あゆみさん、こんにちは。
いつも興味深く読ませて頂いています!疑問にもお応え頂いてとても有難いです。お陰様で落ち着いて明るく日々を過ごすことができています。
日本人に生まれて日本で暮らせることは幸せだと思いながらも、女性を取り巻く様々な事については時々やけに遅れてるな…と愕然とする事があります。そして残念なのは自分も結局そういった文化というか空気に染まっていて、全然主体性を持って生きてないなと、あゆみさんのコラムなどを読んで気づくわけです。たまたまあゆみさんのコラムに出会えたことは本当に幸運だったと思います。日々の中で自分が「他人軸で生きてる!」と感じる時はあゆみさんのコラムを読みに来て自分を励ましてます(^^)
ちなみにコラムに載ってるイラストもあゆみさんが描かれているのですか。あのイラストが毎回面白くて、クスっと笑ってしまうのです(笑)これからも楽しみにしております!(RIKA 40歳)

 

RIKAさんこんにちは!お便りありがとうございます。
そうですね。以前は気付かないまま…というか「仕方ないけどこういうもんなんだ」と思っていたことが「やっぱりおかしいでしょ!」となることが、女性の環境についてはたくさん出てきましたよね。私のコラムがRIKAさんのお役に立つことができて、とてもうれしいです!
RIKAさんのおっしゃる通り、自分自身もいまだそれに染まって抜け切れていないことがたくさんあると日々感じているので、お互いそこからひとつずつ抜け出していきましょう♪
イラストも私が描いてます!あまり上手くないのが申し訳なかったですがクスッとして頂けて幸いです!これからもよろしくおつきあいくださいませ。(あゆみ)

 

「女子のばんそうこう」にお便りください!

コラムに対するご感想、ご意見、共感、お悩み、相談、私の恋愛事情、男について女について、こんどうあゆみへのメッセージ…どんなことでもOKですのでお気軽にどうぞ!
(おたよりは掲載する場合もありますのでペンネームを添えて下さいね)

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】センスも金も不要!「いい女度」がちょび...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。