大人女子のためのWebメディア
検索
2019年05月04日更新

男性が夢中になっちゃう♡上手なキスの方法とは?

男性が夢中になっちゃう♡上手なキスの方法とは?

キスは、パートナー同士の大切なコミュニケーションの方法です。男性が夢中になるようなキスをすれば、二人の関係はより親密になります、上手なキスのポイントを紹介します。

雰囲気をうまく作る

キスに夢中になるためには、まず雰囲気が大切です。キスをする場所や、キスをするまでの流れ、キスをするまでの会話など様々なことがポイントとなります。女性からキスをするのならば、雰囲気が盛り上がるような場所でキスを仕掛けるようにするほか、緊張してもにやけないようにすることが重要です。また、キスのおねだり方法も重要で、素直におねだりするほか、目を閉じて顔を近づけたり、上目遣いで見上げたりしてさりげなくキスをねだると、よい雰囲気の中でキスをすることができます。

キスする前から魅力的に

キスがうまい人は、キスする前から魅力的な唇をしています。キスをしたいと男性に思わせる唇をしていること自体が、男性を夢中にさせるポイントです。目を閉じているから見えないだろうとおろそかにしてはいけません。つやつやの肌でプルプルの唇を保つように努力することが求められます。かといってグロスやオイルを塗りすぎるとかえってよくありません。また、口臭も重要なので、食事の後などは口臭ケアをしっかりと行いましょう。

視線やしぐさで盛り上げる

最初のうちは緊張していたとしても、キスの最中で盛り上がっていけば、十分夢中にさせることができます。さりげなく男性の目を見てみたり、キスばかりではなく、さりげないボディタッチを取り入れたりしてみると、徐々に男性側も盛り上がり、いい雰囲気を作り出すことが可能です。すぐに夢中になるキスをするのではなく、じらしながらキスをすると、より一層夢中になります。

キスのテクニック

キス自体にもテクニックがあります。男性がキスしやすいように頭の位置を工夫してあげるという配慮があると、まずハードルが下がります。そのうえで、ずっと唇を重ねたままでキスをするのではなく、時々唇を離して、長くても3秒ほどのキスと短いキスを繰り替えしていくと、リズム感が出て、男性も夢中になるでしょう。また、きゅっと閉じているのではなく、さりげなく開けておくことも夢中になるキスのテクニックです。軽いキスから次の段階に進みやすいように、受け入れる体制をとっておくと、男性は徐々に夢中になっていきます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。