大人女子のためのWebメディア
検索
2019年05月26日更新

弁護士の男性と付き合いたい!弁護士を落とすテクニック

弁護士の男性と付き合いたい!弁護士を落とすテクニック

弁護士は社会的地位が高いエリート職なので大人気。しかし上手に自尊心をくすぐれば恋仲になるのは難しくありません。話術と仕草で社会の勝ち組をゲットしましょう。

頭の良さを褒める

弁護士になるには難しい法律の勉強をやり遂げる必要があるので並大抵の苦労ではありません。そのため、良い仲になるためには努力家で頭も良い点を褒めることから始めます。相手の努力と才能を認め、相手の自尊心を満たしてあげるのが良い印象を持ってもらうコツです。

特別な存在であることに同調する

弁護士は法律に深く関わる仕事であることから、自分は周りとは違う特別な存在と思っている人も稀に存在します。そのような場合はとにかく相手に同調するのが無難な対処法。露骨におだてたり、逆に否定をすると不信感を持たれる可能性があるので、賛同に努めることが良い流れをつかむためのテクニックです。

ほのかにセクシーな仕草を見せる

青春時代を法律の勉強に費やした弁護士は異性との接し方に慣れていない人も少なくありません。胸元を少しはだけたり、丈の短いスカートを履くことでセクシーな雰囲気をアピールし、相手の心をつかむことが出来ます。しかし、露骨な仕草はふしだらな女だと思われ、逆に引かれてしまうおそれがあります。セクシーな雰囲気を漂わせる際はさじ加減が重要です。

劣等感を刺激するような言動はタブー

弁護士は勉強が出来て社会的な地位も高い完璧人間に見えますが、劣等感を抱えている人も決して珍しくはありません。仕事の実績や最終学歴の他、自身の家系や健康状態など劣等感を抱く要素は人それぞれです。劣等感を適度に刺激する恋愛テクニックもありますが、勉強が出来て自尊心が高い弁護士が相手では怒らせるリスクの方が大きくなります。頭が良く社会的地位が高い弁護士は周りから褒められたり敬われるのが当たり前と認識している人が多いので、うかつに劣等感に触れるのは敵視される原因になります。劣等感に気づいても知らないふりに努めるのが恋を成就するコツです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。