大人女子のためのWebメディア
検索

重いオンナと思われない!寂しさの上手な伝え方のコツ

”重いオンナ”と思われない!寂しさの上手な伝え方のコツ

恋人がいても会うことができなければ寂しいのは当たり前。でも、伝え方を間違えると重い女と思われてしまうかもしれませんよね。彼とずっと仲良くやっていくために、寂しさは上手に伝えていきましょう!

「声が聞きたかった」と電話をかける

付き合っていても仕事の忙しさや彼の多趣味さであまりに恋人に会えないことが多いと寂しくなってしまうでしょう。ただ、伝え方を間違えると「重いな」と思われてしまって関係がうまくいかなくなってしまうことも。

とはいえ、その寂しさを全く伝えないと「あまり俺のこと好きじゃないのかな」と思われてしまう可能性もあるため注意が必要なのです。


寂しさを伝えるためにオススメなのが、電話をしてみることです。電話なら夜寝る前などのちょっとした時間にかけることができますし、相手の声も聞くことができますよね。このときは「暇だったから」と強がるのではなく素直に「声が聞きたかったから…」と言うことで好感度をアップさせつつ寂しさを伝えることができますよ。

「会えなくてさみしいな」とLINEを使って伝える

恋人と電話をする習慣がないなら、LINEやメールを使って連絡してみて。「あなたが好きだから会えなくて寂しい」と伝えてみましょう。仕事の合間にこんなLINEを見たら、彼も「今日は早めに帰って会いに行きたいな」と思ってくれるかもしれません。

「寂しいから会いにきて」と少し行動を強制するようなメッセージでは重く感じられてしまう可能性があるので、気持ちだけを伝えることがよりよい方法です。

 

また、もし彼の仕事が忙しそうなら相手を気遣ってあげるのもいい方法です。「毎日お疲れ様」などと気にかけて連絡することで相手も嬉しく思ってくれるでしょう。

デートでスキンシップをしたりと行動であらわす

電話で声を聞いても思いをLINEで伝えても寂しい気持ちが消えないなら、次に会った時にしっかり行動で表してみて。自分から抱きついたりキスをしたり、積極的にスキンシップをすることで、寂しい気持ちを相手にダイレクトに伝えることができますよ。


相手に寂しい気持ちを伝えることによって、相手にマメに連絡しよう、寂しい思いをさせないようにしようという気持ちも生まれます。

気持ちを伝える時の注意点

寂しい気持ちを伝える方法はいろいろありますが、伝え方を間違えると彼が疲れてしまうことも。それを避けるためには、忙しい時にはできるだけ邪魔しないようにする、何度もしつこく連絡することは避ける、一度気持ちを伝えたらしばらくは明るい話題を話すようにしてみましょう。
いつでも彼のことばかりを考えるのではなく、気分転換に友達や家族と話すことで寂しさを和らげることも大切ですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。