大人女子のためのWebメディア
検索
2019年09月02日更新

乗り越えた分だけ強くなる、失恋から立ち直る方法

乗り越えた分だけ強くなる、失恋から立ち直る方法
愛する彼に振られてしまった、別れてしまった。失恋はいくつになっても辛い経験です。特に20代〜30代になると結婚を考えた真剣なお付き合いだったけど上手くいかずに別れてしまったという女性も多いのではないでしょうか。今回はそんな失恋から立ち直る方法をいくつかご紹介いたします。

思いっきり泣く

失恋をした後、悲しくて辛くても感情を抑え過ぎるのはよくありません。泣くと深く落ち込んでしまいネガティブな感情に苛まれ、無気力になりやすいですが、涙には心の傷を癒しストレスの発散にもなります。

 

「大声で泣く」という行為は、体力も浪費してしまいますが、早く失恋を乗り越えるための一番効果的な方法だと言えます。思いっきり落ち込むところまで落ち込んでしまうことで、弱く、ネガティブな自分を受け入れてあげましょう。

信頼できる友人に話す

信頼できる友人に話す

失恋で心にダメージを負った時は、信頼できる友人に話してみましょう。特に振られた場合、自分の失敗談を話すようで恥ずかしく惨めな気分になるかもしれません。

 

忘れようと心に留めておくだけでは、フラッシュバックとして思い出してしまうので、今は友人の存在を頼りにして甘えさせてもらいましょう。”男で出来た傷は男で癒す”という方もいますが、やっぱり側でいつも見守り、支えてくれた友人を一緒に過ごすことが一番の近道だと思います。

執着を手放す

執着を手放すというと難しく捉えがちになりますが、まずは思い出の写真や彼からもらったプレゼントを捨てたり整理してみることから始めましょう。目に見える場所に彼の面影を感じてしまうと、それだけで心苦しいものですよね。無理やり捨てようとしなくても、まずは思い出BOXを作って、そこに彼と関係するもの全てその中に入れ、見えない場所に収納してしまいましょう。ふと泣きたくなった時、たまにその思い出BOXをそっと開けてみたとしても、徐々にその回数が減っていけば大丈夫です。

 


また、「彼をもう一度振り向かせたい」「ゼッタイ別れたことを後悔させてやる」と、彼を軸に自分磨きをすることも本当はあまりよくありません。それは自分の為ではなく、彼の為の自分磨きになってしまうので、いざ彼に復縁を迫り叶わなかった場合、また立ち直ることが出来なくなってしまうからです。執着を手放すことで、あなたの魅力UPにつながるだけではなく、負のエネルギーを寄せ付けなくなるということ、そして、恋愛運UPに繋がるということを理解しておきましょう。

出来なかったことに目を向ける

出来なかったことに目を向ける

彼と付き合ってきて我慢してきたことや、諦めてきたことはありませんか?

失恋をして、毎日彼のことを考える時間を自分のがいままで挑戦できなかったことの為に使ってみませんか?「習い事がしてみたい」「一人旅をしてみたい」など、もし今まで自分で我慢してきたものがあるならば、ぜひ挑戦してみてください。また、これといってやりたいこと等ないという方は、ぜひ部屋の模様替えや、小さな事でも結構なので自分の成長に繋がるものを身につけてみましょう。

 

いかがでしょうか。失恋は誰だって経験のあるもの。苦しいし、泣きたくもなるでしょう。ただし、あなたの人生において、時間の流れで計算してみればほんの些細なことの一つなのです。今は辛い時間でも、必ず傷は癒えますし、さらに素敵な出会いが待っています。
あなたの経験が、必ず身になることを願います。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ドイツ在住フリーランスジャーナリスト。 音楽やアートPRでありながら自身でも ZINEやアートプロジェクトを制作・活動。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。