大人女子のためのWebメディア
検索
2019年09月13日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百十四回目。

おとなの恋愛に物申す

 

先日の台風15号、すごかったですね。被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

私は仕事が終わってから友人と食事をしていたのですが、お店の方に「今日は台風の影響で21時閉店になります」と言われ「えー。残念」となりました。

 

「他でもう1軒行く?」と話していたのですが、翌日に朝から相撲を見に行くという友人のために後ろ髪をひかれつつ、おひらきになりました。そのため全員無事に帰ることができたのですが、スマホで即時に情報収集が可能になった現代で、私たちの誰一人として交通機関が早めに運転を取り止めることを知らなかったことに驚きます。なかなか恋ができないのも、情報収集能力が低いからかもしれませんね。

 

そして翌日、両国国技館に辿り着いた友人からの「来られない力士が多くて取組の順番が変わって云々」というどうでもいいメールをスルーしていると、他の友人からは「家の屋根が飛びそうになって消防士さんが来てくれた」と作業をする消防士さんの写真つきのメールが送られてきました。私は即座に返信。「かっこよかった?」「えそういう視点で見てなかった」いやいや、ダメでしょ。消防士さんってすごくかっこいいんだから!

 

高校生の時、住んでいた部屋の上の階が火事になりました。私たちご近所さんは洗面器や鍋を持って少しでも消火しようと奮闘していましたが、火事で怖いのは火よりも煙なのですよね。パニックになるし何も見えなくなるから火元がどこかわからない。そんなこんなで消防車が到着。冷静さを保ちながらも迅速に消火活動をする消防士さんたち。彼らの勇敢な姿に胸を打たれたことを憶えています。

 

それからというもの消防士さんは私の中ではヒーローで、消防署の前を通ったりすると訓練の様子が見えないだろうかと不審な動きをしてしまいます。

 

そんな私の夢は、7月14日の革命記念日をフランスで過ごすこと。この日のパリではシャンゼリゼ通りで盛大なパレードが行われたり、エッフェル塔のまわりで花火があがるのですが、私の目的は消防士さんとのダンスパーティー。

 

何とこの日は消防署が一般に開放されて朝まで消防士さんと踊り狂えるそうなのです。あ、狂えるかどうかはその人次第ですが、まあ、踊れるのです。出自についてはよくわかりませんが、そんな素敵なイベントがあるなんて羨ましすぎるぞフランス!

 

それ以外にもサンフランシスコで行われるナイキ主催のマラソン大会では、完走するとタキシードを着た地元の消防士さんがティファニーのペンダントをくれるというではないですか!走るの大嫌いだけど、こんなご褒美があるなら頑張れるかもしれない。そう考えると、どの国にも消防士ラブな女性は一定数いるのですね。

 

NYでは毎年、消防士さんカレンダーが売られているし。(1度買ったことがある)しかし日本では現在15万人の消防士さんがいるそうですが、私はこれまでの人生で一度も出逢ったことがありません。

 

どこに行けば消防士さんと出逢えるのでしょうか?八百屋お七作戦?いやいや、ダメでしょう。Grappsをお読みの全国の消防士さん、ご連絡ぜひお待ちしております!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。