大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 4回目の婚活デートで気を付けるべきことと男性の気になる心情5...
2019年09月14日更新

4回目の婚活デートで気を付けるべきことと男性の気になる心情5選

4回目の婚活デートにお誘いしてくれる男性の心情とは!?

(1) あなたに興味を持っている

私服がダサい彼氏。どうしたらダサさを解消できる?

4回目のデートとなるともうお互いのことを把握できているのに、告白されないと脈なしかと思ってしまう時期ですよね。
男性はあなたに対して「好きかも!」と興味を持っておりもう少しデートを重ねてみたいと考えているかもしれません。
告白はあなたと楽しい時間をたくさん過ごしてからでも遅くはないので、あなたの色々な姿をもっと見たいと考えているのでしょう。

(2) 告白のタイミングを伺っている

 相手の意思を確認するようにする

4回目のデートまでちょっと様子を見ており「今日こそは告白するぞ」と心に誓っているかもしれません。
奥手な男性は、どういうタイミングで告白すべきか迷っている可能性があります。
4回目のデートではあなたからたくさん喋らずに男性に会話の糸口を見つけさせてあげると告白しやすい雰囲気になると思います。

(3) 相手の知りたいことがたくさんある

20代前半のこと1相手の知りたいことがたくさんある

あなたは「もう4回目のデート」と思うかもしれませんが、男性はもっとあなたのことが知りたいと思ってデートを重ねている可能性があります。
「いつもニコニコ笑顔が癒される」と感じ取っていたのなら「もっと笑顔にしたい場合はどうすべき?」と一緒に過ごすことであなたの新しい一面を見たいと思っているでしょう。
他にも「料理は得意?金銭感覚はどうかな?」と結婚も視野に入っているため知りたい項目がたくさんあってなかなか告白に至っていないケースも充分考えられます。

(4) 気になるけれど交際まで何かが足りないと思っている

気になるけれど交際まで何かが足りないと思っている

あなたに対して「可愛いし一緒にいると楽しいけれど…」と中途半端な気持ちを抱いていると4回目のデートも何もなく終わるかもしれません。
合わない部分や嫌いなところがある訳ではないけれど「告白するほどではない」と決め手に欠ける状態になっているでしょう。
結婚も後押しする「家庭的」なイメージであったり「どんな時でも一緒にいたい」と思う愛情などが足りないと言えます。
女性として気になる程度で交際する気もなく足踏みしている感じとなります。

(5) デートする相手にはちょうどいいけれど交際はなし

デートする相手にはちょうどいいけれど交際はなし

やはりデートも4回目となると中にはもう交際はなしという気持ちを抱いている男性もいるでしょう。
休日はこれといって予定もないしデートをすることで楽しく過ごせるので、それ以上何も望まないと考えていると思います。
婚活の末のデートなので「この子とは結婚はない」としながらも、他の女性と結婚が決まるまではキープしているかのように扱われてしまうこともあります。
デートを重ねていく中でちょっと違和感があるのなら脈なしの時間つぶしにされていると疑ってみてください。

4回目の婚活デートで相手を振り向かせる方法5選

(1) ずばり気持ちを伝えてみる

ずばり気持ちを伝えてみる

告白は男性からと決まっている訳ではないので、あなたから想いを告白するのもひとつの手となります。
あまり静かすぎる場所では緊張するのでちょっとお茶をする場面などに「好きです!○○さんはどう思っていますか?」と好きと言ってから男性の気持ちが知りたいと伝えてみてください。
好意をしっかりと感じられるようにすると成功しやすくなるでしょう。

(2) 相手に告白のチャンスを与える

相手に告白のチャンスを与える

男性から告白されないのなら、こちらからしやすいように持っていってあげましょう。
話しやすい雰囲気のお店に入ってじっと目を見つめたりすると男性もドキドキしながらも「今がチャンス!」と思ってくれるはずです。
またデートの帰り際に「今日もデート楽しかったです!これからもずっと一緒に過ごせますか?」とちょっと遠回しに質問してみてください。
これを受けて男性も「もちろんです!お付き合いしてください」と言いやすくなるので、告白の言葉を聞き出すような言い方にすることがポイントとなります。

(3) 将来の話をしてみる

将来の話をしてみる

男性を振り向かせたいのなら、デート中もアピールを忘れてはいけません。
二人で歩いている時に小さな子とママを見つけたら「あら!可愛いですね○○さんは子ども好きですか?」と自然な展開で将来のことに触れる話題を出してみましょう。
「何人ぐらい欲しいですか?」などイメージの範囲内ではありますが会話を楽しむことができますね。
それから少しずつ「どんな家庭を持ちたいですか?」と質問しあなたの考えも加えて伝えてみましょう。
これから先の話を具体的にすることで好印象になるはずです。

(4) 一緒にいて楽しいことを伝えてみる

一緒にいて楽しいことを伝えてみる

4回目のデートでまだ告白をしてこないなら、男性はもしかして自信が持てないでいるのかもしれません。
「俺は好きだけど…」と思っているので「私も好きですよ」と伝わるようにわかりやすく「○○さんと一緒にいると楽しいです」と素直に言ってみてください。
「一緒にいると楽しい」とは「デートが楽しい」「長い時間共に楽しく過ごせそう」という意味合いが入っているので、まさに告白を後押しする言葉としてふさわしいと言えますね。
結婚のことも考えている間柄なのでそれまでも意識させる言葉となります。

(5) 手料理を振る舞う

手料理を振る舞う

男性が結婚を強く意識するのは女性が家庭的である時と言えますね。
そのためには手料理を振る舞うのが一番ですが、まだ交際前なのでおうちデートには早いためアピールの仕方が難しい時期です。
そこでデートでお昼ごはんを食べると決めておき、二人で食べる手作りお弁当を持っていきましょう。
この時に「私がランチをエスコートします」と約束しておけばOKとなります。
色々なレパートリーを披露することで「彼女になればいつも美味しい料理が食べられる」と思ってもらえるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

「なんで結婚しないの?」と言われ続け奇跡となる晩婚を果たしたアラフォーライター 自分でもできないと諦めていた結婚をした私が持っている独特の恋愛観が読んでくださる方の参考になると嬉しいです。 Twitter:@cvHkS3fzLlRwV7A
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 4回目の婚活デートで気を付けるべきことと男性の気になる心情5...