大人女子のためのWebメディア
検索

本命じゃないの!?セカンド認定されてしまう女性の特徴

本命じゃないの!?セカンド認定されてしまう女性の特徴

好きな人が出来て、いつもいい関係にはなるんだけれど、セフレで終わってしまったり、本命彼女が他にいたり…。一体、私の何がいけないの!!とお悩みの方へ、本日は彼にとってセカンド認定されてしまう女性の特徴をいくつかご紹介していきます。

1. 愛されるより愛したいタイプ

愛されるより愛したいタイプ

彼に対して献身的に尽くしたいタイプの女性は、一見理想の女性像と思われがちですが、経験豊富な男性や遊びで近寄ってくる男性からすればあなたは”いい獲物”です。

 

相手に尽くすことで承認欲求を感じるタイプの女性は、例え男性から無下な扱いを受けたとしても、「自分に欠点があったんだ」と考えやすい傾向がある人もいます。表面的な彼の良いところだけ見えてしまって、盲目にならないように気をつけましょう。

2. NOと言えない、押しに弱い

愛されるより愛したいタイプ

好きな相手に対して「嫌われたらどうしよう」と思うばかりで、つい彼からの唐突な誘いにもNOと言えずにいませんか?

 

また、やりたくも無いことや彼の欲求にも、自分の意見が言えずに飲み込まれてしまうタイプは、男性からすれば支配しやすい女ということで、彼の都合のいい時だけ呼び出される、といった「曖昧な関係」になってしまいます。

本命の女になりたいのであれば、初めから嫌なことはNOと言える勇気を持ちましょう。

3. なんでも許してしまう人

なんでも許してしまう女性

体の関係だけと分かっていても、核心をついた意見が言えない。またあなたに対して雑な扱いをしてしまったとしても、好きな人だから許してしまうという女性は要注意。

 

男性からの優しい甘い言葉をそのまま鵜呑みにしてしまい、正式に「彼女」という言葉を彼の口から聞かずにズルズル今の関係を続けていませんか?

 

男性は、そんなあなたを「なんでも許してくれる簡単な女」と認識し、2番目の女から昇格することは難しいかもしれません。自分の意思をしっかりと伝え、この関係をどう思っているのか聞いてみましょう。

4. 自分に自信がない人

自分に自信がない人

自分には魅力がないと思って自信がない人も、男性からするとチョロい女に見られやすいです。そんな女性は男性の言うこと何でも従ってしまいやすいです。

 

彼と一緒にいる時でも「一緒にいる」というよりは「一緒にいてくれてる」と考えてしまい、約束も彼優先で考える為、男性からすれば2番目の女にするにはぴったりの女性なのです。彼に対して申し訳ない気持ちで過ごしているのであれば、まずは自分に自信が持てるような趣味を見つけ、自分の時間を大切にすることから心がけましょう。

 

今回はセカンド認定されてしまう女性の特徴をご紹介いたしました。好かれたいがために何でも許すのではなく、ときには厳しい態度で接することも大切だということを忘れずに。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ドイツ在住フリーランスジャーナリスト。 音楽やアートPRでありながら自身でも ZINEやアートプロジェクトを制作・活動。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。