大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき服装・手土産や作法の基...
2019年08月28日更新

彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき服装・手土産や作法の基本

彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき服装・手土産や作法の基本

彼の実家に行くので粗相しないようにしたい!

初めて彼の実家に行って挨拶をする機会に恵まれたけれどどうしたら粗相しないですむか考えてしまいますよね。
将来結婚も視野に入っていると彼の両親に好印象を残したいところです。
そこで、挨拶に行く時の服装や手土産、作法の基本についてご説明するのでしっかり勉強しましょう。

彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき服装5選

(1) 清潔感のある服装を選ぶ

清楚な服装

彼の両親に良く思われたいと考えるとどんな服装を選べばいいか悩みますよね。
まず大人の女性として清潔感のあるファッションを心掛けることが大切となります。
彼も両親にあなたの年齢くらいは話している可能性があるので、無理に若作りしたりすると逆にがんばっちゃった感が出てその場にそぐわない服装になってしまうでしょう。
印象を強く残したいと考えると原色ばかりの派手なカラーをチョイスしてしまい「派手な子」というイメージしか与えられず中身に注目してもらえません。

(2) 品の良さが演出できるワンピース

ワンピース

彼の両親に挨拶となると王道となる服装はワンピースとなります。
女性らしさに加えて品の良さも演出できるので大人の女性としてふさわしいと言えますね。
顔色が良く見えることを考えるとパステルカラーや淡い色がおススメで、印象も優しく見えるでしょう。
フリルなどがあるワンピースもありますが、できるだけシンプルにしてあとはアクセサリーをすることで上品さをアピールできます。
スカート丈は正座をした時にちょうどひざが隠れるものがベストとされています。

(3) しっかり見えるスーツ

しっかり見えるスーツ

王道はワンピースなのですが、結婚も視野に入れた真面目な挨拶の場合はあえてスーツをチョイスするといいでしょう。
着るだけで彼の両親に「きちんと挨拶に来ました」ということが充分伝わります。
黒や紺だとリクルートスーツのように見えてしまうので、ピンクベージュやネイビーなどできちっと感を出しましょう。
スーツの場合はアクセントに胸にブローチをつけたりするとグッとオシャレになります。
気を付けたいのはスカートのタイプで、タイトスカートだと座った時にスカートが自然と上がってしまうため控えてください。

(4) ファストファッションはNG!?

ファストファッション

最近はリーズナブルでおしゃれな服が買えるとファストファッションを取り入れる人が増えていますが、彼の両親に挨拶という場面では要注意となります。
普段に着るのはいいのですが、普段着ている服よりもちょっとかしこまった服で行った方が彼の両親も気に入ってくれるはずです。
「いい大人なのに安っぽい服を着ている」と思われたら、息子の彼女としての株も急降下してしまうでしょう。
「この子は品があっていいな」と印象付けることがベストとなるのでひとつ良い物をとりいれて見てはいかがでしょうか。

(5) 流行のファッションは控える

流行のファッション

流行の最先端を知っているとおしゃれな印象になると今流行りのファッションに身を包んで挨拶するのは控えた方がいいでしょう。
彼の両親におしゃれさをアピールするのではなく、あなたという人間をより知ってもらうことが目的だからです。
流行っているからという理由で短いスカートを履いたり、肌見せをしていたら印象が良くなるはずがありません。
最終的にはあなたの母や彼に「この服装で挨拶に行ってもいいかな?」とチェックしてもらうくらいしておくと安心できます。

彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき手土産の基本5選

(1) 相場は3000円

手土産

手土産を持って行く時にどれくらいの価格のものを選べばいいか迷いますよね。
あまり高級なものだと彼の両親も負担に感じてしまうし、逆に安いものだと失礼に当たるからです。
そんな挨拶の手土産の相場は3000円と言われており、高くても5000円以内に抑えることがベストとなります。
中には高ければ高いほど好印象になると思っている人がいますが、あまり高いものを持って行くと「挨拶でこんな高いものを選ぶなんて金銭感覚が違うのでは?」と心配されてしまうでしょう。
手土産を選ぶ時に価格で悩んだら高い方にすることによって最低限「安いお菓子を持ってきた」と思われずにすみます。

(2) 小分けにできるお菓子

小分けにできるお菓子

手土産の中身を一つずつ梱包してある小分けのものにすることによって、食べる時にお皿を出して盛り付ける手間を省くことができるので持って行く時はそこまで気を使いましょう。
またケーキはカップケーキならそのまま、ワンホールのケーキならすぐに切り分けることもできますね。
手土産を渡してその場で食べるケースもあるので、食べやすい状態になっているのを選ぶことは欠かせないマナーとなります。
また最初から分けてあるものなら、後から彼の家族が食べる時もスムーズとなります。

(3) 好みを聞いておく

調べる

まず彼に両親の好き嫌いをしっかりリサーチをして好みのものを持っていきましょう。
手土産を買う時に彼に一緒に行ってもらって「このお菓子好きだよ!」と教えてもらうのもいいですね。
また彼が両親の好きなお菓子がわからないと言った時は、手土産はお菓子が定番なのでまずは和菓子か洋菓子かを選んでもらうとベストなチョイスができそうです。
勝手に買いに行くと両親が嫌いなものをチョイスする可能性があり、それを出すとその場の雰囲気が暗くなってしまうのでリサーチは必須です。

(4) 人数分以上持って行く

手土産

当日会う予定の人数分のお土産をぴったり用意していても、実はそれでは少ないと言えるでしょう。
あくまで手土産なので挨拶した場だけで食べるということはないため、あなたが帰宅した後に家族で食べるケースも想像できますね。
そのため彼には「兄弟は何人いるの?」などとしっかり家族構成を聞いておいて、彼の家族全員分を用意しておくことをおススメします。
ぴったりではなく2~3個多く持って行くと足りないということはないでしょう。

(5) 地元名物でアピールする

地元名物でアピールする

初めて彼の両親と会うとなると緊張するので話題に困らないか不安になりますよね。
そこで、あなたの地元に名物があったらそれを手土産にすると「あれ?もしかして○○出身?」と声をかけてもらえるでしょう。
そこで「はい!ぜひ食べていただきたくて持ってきました」と言えば「○○には昔旅行で行ったよ」などとあなたの地元トークに持って行くことができます。
挨拶の最初でこうして話が盛り上がれば雰囲気も明るくなって、その後の話もスムーズに展開していくでしょう。

彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき作法の基本5選

(1) 挨拶は礼儀正しく

smilewoman

第一印象はとても大切なので、挨拶はしっかり言葉を選んで練習して行きましょう。
まず玄関先で彼の両親と会った時には「○○と申します。今日はお忙しい中お時間をとっていただきありがとうございます」と会う機会に恵まれたことに触れてください。
部屋に通された時も「どうぞ」と声をかけてもらってから座り、そこで「△△さんとお付き合いさせていただいている○○です。今日はよろしくお願いします。」と改めて自己紹介をしましょう。
彼の実家を訪れた目的は挨拶をすることなので、失礼のないようにきちんと礼儀正しく挨拶をしてください。

(2) 丁寧な言葉遣い

woman

普段彼をニックネームや名前で呼んでいても彼の両親の前では「△△さん」とさん付けすることがマナーとなります。
また彼の両親を「義父さん・義母さん」と呼ぶのは結婚していないので早すぎるため「△△さんのお父さん・お母さん」と言いましょう。
手土産を持って行くのでその時には「どうぞ皆様で召し上がってください」「このお菓子がとても美味しいので喜んでいただけると嬉しいのですが…私の地元のお菓子です」など丁寧な言葉を添えて渡すと好印象になると思います。

(3) 品のある行動をする

品のある行動

彼の両親はあなたと初対面なので行動をしっかり観察してそこからどんな人柄なのか把握しようとするので、行動も気が抜けません。
まず玄関では彼より先にあがらず、彼があがってから「お邪魔します」と言ってきちんとしゃがんで靴をそろえましょう。
他にも部屋に通された時に和室で座布団があった場合は、すぐに座布団に座らずそっと寄せてから挨拶をします。
自信がない時はあらかじめどんな作法のマナーがあるかしっかり調べてから粗相がないようにしましょう。

(4) 彼を褒める

彼を褒める

彼の両親に挨拶となると結婚ももうすぐと言ってもいいですよね。
両親はあなたがどんな人かも気になりますが、彼である息子をどう思っているのかも興味津々です。
そのため「△△さんと真剣にお付き合いしています」とちゃんとしたお付き合いをしていると伝えると安心して見ていられると感じてもらえます。
あとは「△△さんは仕事熱心なのでいつも尊敬しています」などと彼を褒めつつあなたがどう思っているのかを加えるとグッと二人がとても仲良しであると伝わります。
こうすることで「息子を褒めてくれる子ならいいな」と両親も思ってくれるでしょう。

(5) ニコニコ笑顔を絶やさない

smile

彼の両親と初対面で挨拶をするとなるととても緊張して顔が引きつってしまいそうですよね。
ドキドキしているのなら「ちょっと緊張しています…」と素直に言うことで初々しさが出るので隠す必要はありません。
ちょっとリラックスできるようになったら、意識して口角に力を入れるだけでニコニコして明るい印象に変わっていきます。
彼の両親と話している時も大笑いすると品がないと思われてしまうので、笑う時はそっと口元に手を添えるだけで女性らしくなるでしょう。
あなたの笑顔が明るい雰囲気を呼ぶので、表情には気を付けてください。

彼の実家に行く時は初めが肝心!

彼の実家に挨拶に行く時は、服装・手土産・作法などたくさんの注意すべき点があるとお分かりいただけたでしょうか?
粗相だけは絶対したくないので、しっかりご紹介したマナーを守って挨拶に臨みましょう。
彼の両親と初めて会う時にあなたの印象が決まると言っても過言ではないので、初めが肝心だと覚えておいてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

「なんで結婚しないの?」と言われ続け奇跡となる晩婚を果たしたアラフォーライター 自分でもできないと諦めていた結婚をした私が持っている独特の恋愛観が読んでくださる方の参考になると嬉しいです。 Twitter:@cvHkS3fzLlRwV7A
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼の実家に挨拶に行く時に気を付けるべき服装・手土産や作法の基...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。