大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性って尊敬している女性には恋心が芽生えないのでしょうか?【...

男性って尊敬している女性には恋心が芽生えないのでしょうか?【ひとみしょうのお悩み解決】

「言い寄ってくる男性」の言動と行動がかみ合わなくて戸惑っています【ひとみしょうのお悩み解決】

“【お便り募集】文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩み解決してもらいませんか?”にお悩みを送ってくれた方の中から、ピックアップしてひとみしょうさんが解決していきます。

〜「Mrs. Potato Headさん 42歳」のお悩み〜

男性って尊敬している女性には恋心が芽生えないのでしょうか?

はじめまして。

いつも、なるほどなぁ、と感心しながら記事読んでいます。

さて、趣味の集まりで気になる男性がいます。10歳年下の独身の人ですが、私にとっては年下の感覚が新鮮で、異性としてもそうですが、友人としても刺激を受けることが多く、もっと人となりを知りたいなと思っています。

 

ですが、共通の知人から、「彼はあなたと話す時いつも緊張している。あなたは興味があるかもしれないけれど、向こうはとても気を使って話題を選んで話をしているし、何だか窮屈そうだけど」と指摘されました。

おそらく話している時の私の目がキラキラしているのを見兼ねて、アラフォー高望みだぞ!と注意を喚起してくれたのだとは思うのですが

 

彼は目上に気を使うタイプの人ですし、仕事の話になると異性というより一人の大人・社会人として尊敬を含む羨望の眼差しを受けていることは薄々感じていたのですが、「気を使って」「窮屈」という表現を第三者からされ少し寂しく感じてしまい、最近は何となく距離を置いてしまっています。

 

年もかなり上ですし、当然といえば当然ですが、男性って尊敬から恋心には発展できないんですかね?

ひとみさんの独特な、男性視点からの見解をお聞きしたく投稿いたします。

〜ひとみしょうさんのお悩み解決コラム〜

単純な事実として、尊敬している人の前で男は勃起しない、ということがあります。

反論として、「尊敬している女性を前にしても、俺のは自信満々に勃起する」と言い張る男がいるとすれば、彼はその女性に対して、尊敬以外の気持ちがあるはずなんです。

 

たとえば、映画『トップガン』の主人公マーヴェリック(トム・クルーズ)は、シャーロット(ケリー・マクギリス)が尊敬に値する教官であると知らないからひと目惚れしたわけで、最初から「尊敬に値する教官」と認識していれば、ストーリーが成立しづらいというか、人々の共感を得づらいのではないか、と思うのです。

というようなことを、相談文を読んで、直感的に感じました。

最初は一般論からお話します

最初は一般論からお話します。

恋愛って「どこでどう出会ったのか」が、じつはかなり重要なのではないかと思います。

 

男の場合だと、たとえばキャバクラで客として出会ったキャバ嬢にひと目惚れしたら、もう「負け」ということがあります。

今では、婚活がてらキャバクラでバイトする、とても気楽な女子もいるようですが、そのような事実を割り引いて考えても、客という立場でキャバ嬢に惚れこんでしまえば、カネがどこかに消えるだけで、いいことはなにひとつない、とぼくは思っています。

 

キャバ嬢は、たとえば、自分の店のボーイさんと付き合います(で、交際が店にバレて、ふたりとも退店させられます)。

つまり、「似たような境遇」にいる者どうしが「(カネを支払ってではなく)偶然出会い」、日々苦労や歓びをともにしているうちになんとなく惹かれあって付き合う、というのが一般的でしょう。

 

キャバクラではなくふつうの会社においても、これはきっと同じでしょう。

会社において、女性は「尊敬している上司」と「偶然出会い」、日々苦労や歓びをともにしているうちに、ふらっと不倫関係に陥った、なんてことをよく聞きます(よね?)。

 

その反対、つまり、尊敬している女性の上司と「偶然出会い」、日々苦労や歓びをともにしているうちに、ついふらっと不倫や浮気関係になる男子はというと……あまり聞かないですよね。尊敬もあるけど、女性としての魅力もあったから付き合った、というケースなら山のようにあるはずです。

相談文にある「趣味の場」でもおなじことでしょう。

仕事ができる女性は恋愛において不利かもしれない

仕事ができる女性は恋愛において不利かもしれない

相談文から、Mrs. Potato Headさんも仕事のできる女性だと感じたので、以下に仕事のできる女性のことについて書きます。

 

仕事ができる女性は恋愛において不利かもしれない、とぼくは思います。

どんなに美人で、どんなに恋愛における勘がはたらく女性であっても、相手の(年下の)男子が、その女性に仕事ができるという意味での「貫禄」を見てしまえば、もう恋愛関係にはなれない――残酷な言い方ですが、これは恋愛市場におけるひとつの事実だとぼくは考えています。

というようなことを書くと、すぐに「男はやっぱり若くてか弱そうな女子のことが好きなのね」と言う女性がいるのですが、それは恣意的にすぎる見すぎでしょう。

 

たしかに男は若くてか弱そうな女子のことが好きなのだけれど、だがしかし、じつは貫禄を見てしまった女性のことだって、好きなのですよ。

でも、どうしてもその女性に対する恋愛感情が沸き起こってこない――どうしても、なぜか、湧いてこない――これが男の実情なのです。

 

なぜ恋愛感情が湧いてこないのか、その理由を誰かに教えてもらいたいと切実に思うくらい、なぜか湧いてこないのです。

日本の男はだらしないのか?それとも「限界」なのか?

ぼくのまわりにも、仕事のできる美しい女性、つまり優秀かつ美人な「貫禄のある」女性が何人かいます。その女性たちとあれこれしたのちに(具体的に書きたくないので、というか、具体的に書けないので書きません。想像してください)、ぼくが感じるのは、仕事ができる女性は孤独なんだろうなあということです。

これも不思議なんですよね。

 

男は仕事ができてカネと貫禄と自信を持てば持つほどモテるのに対し、女性は仕事ができてカネと貫禄と自信を持てば持つほど恋愛対象として見てくれる男が減っていく――。なぜ?

 

日本の男がだらしないからだ――以前は、このように総括しているコラムがたくさんありました。古くは、鬼籍に入られた何人もの著名な女流作家たちが、エッセイにそう書いていました。

ぼくも、日本の男がだらしないがゆえに、仕事のできる女性が恋愛できなくて孤独に陥っていると感じます。でも、それが男の限界だとも思うのです。

 

話は冒頭に戻ります。尊敬している人の前では、なぜか勃起しないのです。なぜ勃起しないのかを、男はときに自分の「息子」に尋ねますが、声を持たない息子は小さくしぼんだまま口をきいてくれません。

男にとっても、ホント、切実な問題なのです。

Mrs. Potato Headさんにとっての恋愛における希望

恋愛における希望

ただ、ごく稀に、尊敬する女性をどうにか口説き落として付き合いたいというガッツを持っている若い男子がいます。稀ですが、います。

そこに、Mrs. Potato Headさんの、恋愛における希望があるように思います。

 

あるいは、「趣味の場」と相談文にあるのだから、「もっとアホになって」(童心にかえって)趣味を楽しんでいる子どもみたいなMrs. Potato Headさんに恋する男もいるのではないかと思います。

尊敬する・されるとか、仕事ができる・できないなどを抜きに、単純に、人としてわかりあえるポイントのようなものを、誰もが心の中に持っていると思うのです。

 

たとえば、むずかしいとされている映画であっても、その映画を読み解くポイントみたいなものがわかれば、一気に親しみをもって理解できるようになる、みたいなポイントです。

そのポイントが自分の心の中のどこに眠っているのかをつねに意識することは、恋愛うんぬん以前に、若々しい感性を死ぬまで持つ上で、とても大事なことだとぼくは思います。

男女にかかわらず、また年齢によらず、人は心の深い場所でみんなつながっています。

お互いがんばっていきましょう!

 

(ひとみしょう/作家)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

Grappsにて連載コラムを執筆してくださっている、文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?

恋愛・仕事・人間関係などなど、大人女子の悩みを男性ならではの視点で解決してくれるはず!お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!

たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性って尊敬している女性には恋心が芽生えないのでしょうか?【...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。