大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 幸せな恋愛をしたいなら知っておくべし!恋と依存の境界線
2019年11月15日更新

幸せな恋愛をしたいなら知っておくべし!恋と依存の境界線

幸せな恋愛をしたいなら知っておくべし!恋と依存の境界線

恋をしていると相手のことが気になって仕方ないことがありますよね。そんな恋愛関係はときに依存関係になってしまうことがあります。恋と依存の境界線を知っておきましょう!

恋はふたりを中心に広がっていく

恋も依存もスタートはほとんど一緒です。どちらも相手のことが気になり、強く引きつけられるところからはじまります。恋をしていると、「色々なものが輝いて見える」「色々なものに興味が持てて視野が広がる」など自分の可能性が広がるものです。

 

カップルのふたりはお互いを大切にし合い、お互いに大切なものを与え合うので、恋をすると知り合いが増えたり、楽しめる趣味が増えたりなど、ワクワクドキドキしながらどんどんと世界が広がっていくのを感じられます。

 

そのため恋をすると「可愛くなった」「綺麗になった」と周りからいわれることが増えるでしょう。キラキラと輝いて見えるのが幸せな恋愛をしている証です。

依存はふたりきりに閉じていく

一方で依存は、ふたりきりの世界に閉じていく動きです。好きな人と離れているときに「相手が何をしているのだろう?」と気になるのは自然なことですが、依存関係にあるときには、自分の仕事や勉強をなげうってでも、相手の状況を知ろうとしたり、相手の事情に深入りしようとしたりします。

 

相手がいなくなってしまうことや心変わりを不安に思ってしまい、相手の行動や自分の行動を制限するのも依存です。相手に一体化してすべてを知りたいと思うために、生活のバランスが崩れてしまうこともあります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 幸せな恋愛をしたいなら知っておくべし!恋と依存の境界線