大人女子のためのWebメディア
検索
2019年11月24日更新

「はぁ、またあの子に会いたい…」そう思わせる女性になるための5つの秘決

「また会いたい!」そう思わせる女性になるための5つの秘決

好きな人には「また会いたい」と思ってもらいたいものですよね。そこで今回は「また会いたい」と思わせるための秘訣を5つ紹介します。

秘密を共有することで自分のことを意識させる

男性は女性から秘密を打ち明けられると、「俺は特別な存在なのかも」と考えやすい傾向にあります。そのため相手に自分を意識してもらいたい場合は、自分の秘密を相手と共有するのが良いと言えます。

 

秘密の内容は重すぎない方が良いでしょう。例えば学校や職場での小さな悩みを2人で居るときに打ち明けてみるのが効果的です。相手との距離感が近い場合は、自分の将来の夢について語ってみるのも良い方法だと言えます。特に悩みを打ち明けられた男性は「俺は頼られているんだ」という意識が強くなり、「また会って話を聞いてあげたい」という気持ちも強くなるでしょう。

別れ際は重要なポイント

男性に「また会いたい」と思わせるために重要になるのが別れ際です。別れ際は元気いっぱいの挨拶で終えるのではなく、「寂しさ」を含ませるのが有効な手段だと言えます。

 

「もう終わっちゃうね」、「楽しい時間は一瞬だよね」といった別れを惜しむような言葉を言うことで、相手に「また会いたい」と思わせることができます。このときに重要なのは、会う時間を延長しないことです。ここで会う時間を延長してしまうと、相手の気持ちから名残惜しさが消えてしまう可能性が考えられます。そのようなミスをしないためにも、時間の延長は避けましょう。

デート中は楽しんでいることをアピールしよう

男性は自分と一緒に過ごしている時間を楽しんでもらいたいと考えています。そのためデート中は、その時間を楽しんでいることをアピールするのが良いと言えます。デートスポットを満喫することや、一日中笑顔で過ごしていることで男性は「楽しんでくれている」という気持ちになります。帰り道で「楽しかったね」と笑顔で伝えるのも効果的でしょう。自分との時間を目一杯楽しんでもらえることで、男性は「また会って楽しませてあげたい」という気持ちになります。

メールやLINEで感謝を伝えよう

デート後は、メールやLINEで感謝の気持ちを伝えるのが重要になります。このときに大切なのは、自分の感情を爆発させないことです。自分の気持ちが先行して、相手への「好き」の気持ちが溢れ出るような内容を送ってしまうと、男性から「重い人だ」と思われる可能性も考えられます。そのような失敗をしないためにも、メールやLINEの文面はシンプルなものにしておきましょう。長文で送らずに、「ありがとう」や「楽しかった」といった言葉を短い文章で送るのが効果的です。

ボディータッチで相手の記憶に残る女性になろう

ボディータッチも効果的な方法だと言えます。ボディータッチを行うことで物理的な距離が縮まるため、男性が「俺に気があるのかも」と意識してくれるようになります。相手を意識させることで、「またあの人に会いたい」と思ってもらえるでしょう。この方法で重要なのは触りすぎないことです。露骨なボディータッチは引かれる可能性が高いので、注意が必要だと言えます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。