大人女子のためのWebメディア
検索
2019年12月10日更新

溺愛母、母子家庭…「母との絆が強い彼」と穏やかな関係を作るコツ。

溺愛母、母子家庭・・・「母との絆が強い彼」と穏やかな関係を作るコツ。

誰しも彼に女の影がちらつくと嫉妬したり疑心暗鬼になりますよね。しかしその女の影が彼の母親だったらどうすればいいのでしょうか。

女の影とおもったら実は彼の母親だった…

彼に女の影がちらつくな、と感じたらそれは浮気を疑えと多くの人がいいます。しかしそんな女の影でももっと複雑でややこしい事態を招くのが彼の母親です。

 

確かに我が子可愛さにある程度の年齢になっても干渉してくる親はいます。また彼が親離れをしたいという意思があったり無意識にそう感じているのであれば、彼自身が母親を避ける行動に出ることが多いです。

 

しかし想像を遥かに超えてくることがあり、例えば息子を溺愛し、息子も母親を邪険にしない母子などが当てはまります。良く言えば母親に優しい息子、しかし彼女からしてみればただのマザコン、この状態をどうバランスを保ちやっていくのか、は彼女の力量が試されているのかもしれません。

彼の母親攻略法とは??

特に心配性な母親である場合、彼女はどう立ち振る舞うべきなのでしょうか。

よく女性は勘が当たるなどといいますがファーストインプレッションが大切であるともいえます。そう、先手必勝なのです。彼の母親が自分たちの周辺を嗅ぎまわる前に先に手を打つのです。

 

まず彼に母親の好みなど何となく聞いてみることをおすすめします。だいたいこの辺りで母親を攻略する傾向と対策が把握できる可能性が出てきた、とポジティブに考えることが大切です。

ポジティブに考える

彼を知る上で母親との親子関係は大切で、マザコンだからとか溺愛しているだとかという前提で関係を見てはいけません。

 

絆が強いのは母親支え合いながら、また愛されて生きてきた証拠です。これが母と娘だったらと考えるとマザコンなどとはいうことは少ないといえます。

 

密接すぎる関係がどうなりたってきたのかはこう考えるとマイナスではなく、むしろ家族のような存在になれば守り合える存在になれる可能性もあります。

 

始めは少し距離を取りながら、そして徐々にこの母子関係に携われるよう一歩一歩近づくことをおすすめします。加えて彼の母親がどのような人なのか把握していたら、個々に合わせた理想の彼女の姿を演じてみて安心してもらうこともおすすめします。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。