大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】腹に力を入れろ、話はそれからだ。

【女子のばんそうこう】腹に力を入れろ、話はそれからだ。

 

 

「運動してもお腹の肉が減らない」「下っ腹が出てる…」
年齢問わずそう嘆く女子は多い。分かる、私もそうだ。女の腹は(男も同じだろうけど)基本すぐ出る。脂肪が多い。中には「女の子はお腹がぽこっとしてるから可愛いんだ!」という嗜好を持つ私の男友達みたいなのもいるが、女子本人は「そんなん知らねー!できればこれを平らにしたい!」という気持ちだろう。

 

というわけで今回はちょっと趣を変えて「女子のためのお腹へこませ作戦」をお送りしたい。ちなみに私自身も目下食べすぎてお腹がふよふよ、説得力ないこと極まりないんだけど、ダンス習ってた時にしごかれたせいで腹筋は強い。縦線(アブクラックス)が入りやすいタイプではあったりする。
ちなみに「食制限する」「甘いものやお酒をやめる」というのが本当はいちばん効くということだけは心に留めておいて下さいね。

出てるのではない、出してるのだ

ちまたの女子たちを見ていて思うのが「みんなお腹を出して立ってるなあ」ということ。下のイラストのように下腹をつき出していて、上体の体重が腰にのってしまっている立ち方。これほんと無意識にやりがちな姿勢で、私もジムの更衣室でドライヤーかけてる時に化粧台に腹がくっついてる自分に気づいていったんは直すのだけど、気を抜くとまた元に戻ってたりする。つまりは楽ちんな姿勢なんだろう。
これは腹に全然力を込めてない状態。くつろいでる時ならいいけれど、人前では直していきたい。大体の人が「お腹の肉が出てる人」ではなく「お腹を突き出してる人」だと私は思う。腹を前に出さず、腰に体重をのせず、重心を真ん中に置いてまっすぐ立つように心がけたい。

 

【女子のばんそうこう】腹に力を入れろ、話はそれからだ。1画像

 

腹筋運動はやはり有効

「腹筋で腹はへこまない」という説はたくさん出てるけど、私はやり方次第ではへこむ!と思ってる。へこむというより全体が締まる。あと「腹筋を鍛えると身体の中心を意識しやすくなる」という利点がある。
シットアップ(上まで上がり切る腹筋)よりクランチ(肩甲骨までしか上げずお腹見る腹筋)が下腹にきく。床に寝て脚を上げ下げするレッグレイズもおすすめ。
お気に入りの曲をかけて、クランチ→サイドクランチ→クランチ→脚を上げ90度に曲げてクランチ→脚を上に伸ばしてクランチ→レッグレイズ→脚をなるべく地面近くでキープしたまま交互にクロスする、などバリエーションつけながら「1曲丸々腹筋まつり」をやるとすんごい効く。
レッグレイズの時は腰を絶対浮かさないこと。自分の腰と床の間に隙間をつくらない。誰かにチェックしてもらって隙間に手を差し込むスペースがなくなるよう、腹(の裏側の腰)を床に押しつけよう。

 

 

意識しなきゃ変わらない

身体って不思議なもので、「効かせたいと思っている箇所に意識を集中させる」ことがものすごく重要だったりする。例えばトレーニングを形だけマネても、他のこと考えつつ「ながらやり」しても、効果は薄い。腹をへこませたければ常にお腹を意識!なのだ。歩いてる時も電車乗ってる時も、へこませとくといい。
「へこませる」というと大きく息を吸った時みたいにする人もいるけど、それだとキープが難しい。後ろに突き出た尾てい骨を肛門の方にグッと下げるようにして、同時にそけい部上に伸ばす。「へこませる」というより「上に引き上げる」イメージで。

腹に力の入ってない女は危ない

お腹は自分の身体の中心なので、そこがゆるゆるしてる、力が入ってない、意識がいかない、という状態は「自分の芯が入ってない」のと同じことだと私は思ってる。
なので極端な話、お腹がでろんとしてる女子は立ち方からしてぼやーんとしてて流されやすそうに見えるため、何だか悪い男に引っかかりそうに見えてしまう。もちろんこれは腹の脂肪のあるなしじゃなく、腹に意識を持っていってるかどうかの話。
姿勢や立ち方は自分の気の持ち方や他人に与える印象を想像以上に大きく左右する。そういう意味でも腹には気合を入れておきたい。

 

腹はいわば心身の中心、自分の屋台骨。キュッと引き締まったイメージを常に意識して、腹の据わったいい女を目指そう。

 

 

今日のおたより

40代真ん中で未だ何にも形にもならず手にも入ってない気しかしない私は最後に紹介された本を次回ゲットして読みたいと思います。(Kujira 45歳)

 

Kujiraさんこんにちは!LiLicoさんの本、とてもわくわくするのでぜひ手に取ってみて下さい!そしてKujiraさんはきっとご自分でも気づかない「形になっているもの」や「密かに積み上げてきたもの」がきっとあると思いますよ…マジで!(あゆみ)

 

「女子のばんそうこう」にお便りください!

コラムに対するご感想、ご意見、共感、お悩み、相談、私の恋愛事情、男について女について、こんどうあゆみへのメッセージ…どんなことでもOKですのでお気軽にどうぞ!
(おたよりは掲載する場合もありますのでペンネームを添えて下さいね)

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】腹に力を入れろ、話はそれからだ。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。