大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 結婚の形はひとつじゃない!あなたが本当にしたい結婚はどれ?
2019年12月14日更新

結婚の形はひとつじゃない!あなたが本当にしたい結婚はどれ?

結婚の形はひとつじゃない!あなたが本当にしたい結婚はどれ?結婚と1口に言っても、その生活スタイルは非常にさまざまです。そこで今回は、さまざまな結婚生活の種類をご紹介します。

法律婚の共働き

まずは法律婚の共働きからです。法律婚の場合は夫・妻どちらかが筆頭者となり新戸籍を編製するため、筆頭者でない方は名字が変わります。名字の変更に伴って行わなければならない手続きが複数あることも特徴です。なお、共働きは2馬力であるため、収入に余裕があり金銭面における心配が少ないことも特筆すべきでしょう。ただし、2人とも働いているため、家事・育児の役割分担をしっかりしておかないと、どちらか一方に大きな負担がかかり、揉め事に発展する可能性があります。

法律婚の専業主婦・主夫

法律婚における専業主婦または専業主夫という生活スタイルもあります。

これは、夫・妻のうちどちらかが家庭内で専門的に家事・育児などを行い、どちらかが収入を得るため仕事を行うという生活様式です。

 

現在は共働きもポピュラーですが、こちらの専業スタイルも根強い人気があります。家事・育児を担当する方は、自分で仕事をし収入を得なくて良いというメリットがあります。ただし、外出の機会の減少にともない、人とのかかわりなども減ることにストレスを感じる可能性があります。

 

なお、仕事に出る方は家事・育児の大部分を任せて仕事に集中できるというメリットがあります。ただし、自分の収入が家庭を支えているというプレッシャーもかかるでしょう。

事実婚

事実婚は法律的な手続きを取らない結婚の形です。

婚姻届を提出しないため、どちらかの名字が変わることもありません。万一別れた場合にも戸籍に何か記載されるわけではないので、気楽な結婚生活を送りたい方に向いていると言えます。ただし、パートナーの財産の相続権がないなど、法律婚では認められている権利が適用されない場合があります。

別居婚(通い婚・週末婚)

夫婦それぞれ別の家で暮らすのが別居婚です。

同居するとどちらかの通勤が不便になってしまうからという仕事に絡む理由から、結婚してもお互い縛られない生活を送りたいという気持ちによる理由まで、別居の理由はさまざまです。

 

なお、別居婚に似ているもので、お互いが会いたいときに会う「通い婚」、週末だけ同居する「週末婚」などもあります。結婚のスタイルは人それぞれ。自分の生活スタイルとぴったり合うような人と結婚するのがおすすめです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 結婚の形はひとつじゃない!あなたが本当にしたい結婚はどれ?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。