大人女子のためのWebメディア
検索
2019年12月19日更新

こんなLINEは勘弁!男性が「面倒だな…」と感じるLINEパターン

こんなLINEは勘弁!男性が「面倒だな」と感じるLINEパターンコミュニケーションツールとして欠かせないLINEも、使い方を間違えると相手が面倒に感じます。そこで男性が面倒だと感じるLINEのパターンを紹介します。

終わりが見えない!

男性がLINE中に、「面倒だ」と感じるのが、「会話の終わりが見えない」というパターンです。

例えば、LINEのメッセージのやり取りには常識があり、何個か会話が続いた後、スタンプを双方押せば終了というような、暗黙の了解があります。男性が会話を終わりにしようと送ったスタンプに対して、「かわいい」「私も欲しい」という感じでリアクションされてしまうと、男性は「面倒だ」と感じます。

男性の意図に気付き、もっとやりとりを続けたいと思っても、タイミングよく切り上げるようにしましょう。

返事が早すぎる!

LINEのメッセージとはいえ、内容を確かめて、失礼がないように文章を整えて送る男性は少なくありません。メッセージを送った後、一息つく間もなく次のメッセージが送られてくると、「面倒だ」と感じます。しかも、自分が送った文章の内容をきちんと理解せず、適当な返信をされるとがっかりします。丁寧なメッセージには、同じような丁寧なメッセージを返すことで、二人の距離が縮まっていきます。

 

また、相手の返事が早い場合、「自分もすぐに返信しないと」というプレッシャーを感じる男性もいます。焦って変な綴りの文章を送ることになり、自己嫌悪に陥り、「あの人とLINEをすると嫌な思いをする」と感じるようになるケースもあります。

酔っている相手からメッセージが届く!

女性によっては、気になる男性に酔った勢いを使って、LINEでつながろうとする人がいます。シャイな女性に多いケースです。しかし、かなり逆効果になりやすいパターンです。

 

居酒屋などで酔っている人を冷静に見ればわかるように、本人は「酔ってない」「普通だ」と言い張っても、酔っているし普通ではないことがほとんどです。意味不明なメッセージや、酔った勢いでスタンプを連打されたら、男性は「面倒だ」と思います。

やたらと所在地を聞く!

男性がLINEをしている時、女性から「今どこにいるの?」と聞かれると「面倒」と感じやすいものです。自分の時間を過ごしたいのに、干渉されたような嫌な気持ちになるためです。

 

友達や恋人未満の女性から、特に会う予定もないのに、「今どこにいるの?」と聞かれると、「関係ないだろ」と返事をしたくなります。また彼女から「今どこにいるの?」と、一日の間に何度も聞かれたら、男性によっては束縛されているような気持ちになり、逃げだしたい気持ちになるでしょう。同じようなNGワードに「何しているの?」「誰と一緒?」などがあります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。