大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「もう女としてみれない!!」なんて言われる前に…!同棲中に気...
2019年12月20日更新

「もう女としてみれない!!」なんて言われる前に…!同棲中に気をつけたいこと

「もう女としてみれない」なんて言われる前に…!同棲中に気をつけたいこと彼とのラブラブな同棲生活を送っているはずが、ある日突然、「もう女としてみれない」なんて言われたらショックですよね。ここでは、気を付けたいポイントをお伝えしていきます。

身だしなみには気を付けよう

家では心からリラックスして過ごしたいものです。

ですが、その時の格好が、ヨレヨレの服や、穴の開いたジャージなどになっていないでしょうか。そのような姿からは、女の色気を感じることはできないですよね。それでは、彼が彼女にキュンとすることも減ってしまうはずです。

 

人は見た目ではない、とは言いますが、身だしなみはとても大切です。部屋着は清潔感のあるもので、モコモコ素材や肌触りのよいものなど、思わず触りたくなるようなものがおススメです。クタクタになった洋服は、捨ててしまいましょう。

 

また、スッピンスタイルが好きな男性は多いと言いますが、だらしなさを感じさせないような工夫は必要です。お肌のスキンケアはしっかりと行い、潤いのある肌をつくりましょう。

そして、ボサボサの頭では、魅力も半減してしまいます。休日でずっと家の中で過ごすような日も、髪の毛はキレイに整えてラフにまとめるなどして、清潔感の感じるスタイルを心掛けるようにしましょう。

恥じらいは持っていよう

最初は彼に対して持っていた恥じらいも、同棲生活が長くなってくると、ついうっかりどこかに置いてきそうになります。ですが、ここがぐっとこらえどころです。彼の前で堂々と着替えたり、お風呂上りにそのままウロウロしてしまうようでは、恥じらいは感じられません。

 

少し恥じらいがある方が、彼にとって魅力的な存在であり続けられます。着替えは彼から見えないところでするようにしましょう。また、彼の前でオナラを平気でするようになってしまっては、異性としての魅力も衰えてしまいます。トイレなどでこっそりとするようにしましょう。

ガサツな女にはならない

座っている時についうっかり、両足を開いて座ったりしていませんか。

また、扉をお尻で閉めたり、引き出しを足で閉めたりと、今までの生活の中でする習慣になっていた人は、注意が必要です。そのガサツな様子からは、女らしさを感じることはできません。

 

お尻や足で閉めるのと、手で閉めるのとでは、時間で計った場合にほとんど差はありません。できるだけ手を使って、丁寧な暮らしをするようにしましょう。丁寧な暮らしをしている人は、女らしさのイメージと結びつきやすくなります。

彼を気遣おう

長期間一緒に暮らしている中で忘れがちな気遣いも、大切なポイントです。彼が体調を崩している時や、落ち込んでいる時など、彼に寄り添って、支えになるようにしましょう。その優しさが、彼にとっては魅力となります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「もう女としてみれない!!」なんて言われる前に…!同棲中に気...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。