大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【カップル同棲事情】家事の分担やお金の割合まで…みんなどんな...
2019年12月30日更新

【カップル同棲事情】家事の分担やお金の割合まで…みんなどんな感じ?

【カップル同棲事情】家事の分担やお金の割合まで…みんなどんな感じ?まだ結婚していないカップルが同棲を始めた時、迷うのが家事の分担や負担するお金の割合です。世の同棲カップルはどのように分けているのでしょうか?

家事分担は喧嘩の一つの原因になる

一緒に生活している中で、やらなければいけない家事は色々あります。料理や洗濯、掃除が中心ですが、リストアップしてみると細かい仕事も出てきます。

 

例えば料理をするなら、まず料理の材料の買い出しにいかなければいけません。料理を作れば食卓へ運び、食べ終わったらお皿を洗います。お皿を食器棚の中に仕舞うまで、かなりの時間が必要になるのです。家事の事で喧嘩が絶えないカップルは、女性が家事の大半を負担しているケースが多いです。最初は大好きな彼のために尽くしたいと頑張っていても、毎日仕事をしながらの大部分の家事をこなすのは相当負担がかかります。

 

彼女が彼に「お皿を洗って欲しい」とか「買い物へ行って欲しい」などと頼んだ時、彼が何も文句を言わずに手伝えば喧嘩になる事はありません。ただ「それは自分の仕事ではない」と突っぱねたり、明らかに嫌そうな態度で行動すると、女性の方も気持ち良くは感じられません。最初は仲の良かったカップルも、家事分担で揉めて同棲を解消、別れを決断してしまう事もあるのです。

家事分担がルール化されている同棲カップルは上手くいく

家事分担が揉めやすい事を知っているカップルは、最初からルール化しています。細かい仕事まで全て書き出して、一つ一つ決め事を作っているのです。掃除などすべき場所が多い家事は、トイレは女性でお風呂は男性、リビングは女性で寝室は男性といったように役割をハッキリさせておくと、お互いに口出しする必要もありません。

 

ゴミ出しは曜日ごとに分担を変えると、忙しい朝も負担が少なくなります。家事は気付いた時に気付いた方がやれば良いという曖昧なルールは長続きせず、お互いのストレスを少なくするためにも、きちんとルールを作っておいた方が上手くいくのです。

家賃や生活費の負担はカップルによって違う

カップルによってお金の分担の仕方は違います。家賃も生活費も全て込みで完全折半するカップルもいれば、家賃は男性、生活費は女性といったように名目ごとに分けているカップルもいます。

 

また一番平等な分け方となるのが、月ごとのそれぞれの収入を元に、家賃や生活費を折半していくという方法です。毎月計算しなければいけないのは面倒ですが、自分の収入に見合った分を出す事になるので揉める事も少ないです。

 

お金の問題はシビアで、いくら仲の良いカップルであっても、どちらかが不公平に感じると関係も悪くなっていきます。例えば転職などをすると、最初に決めたルール通りにお金を出せなくなる事もあるため、その時のお互いの経済状況に合わせてルールを変えていく臨機応変さも必要となります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【カップル同棲事情】家事の分担やお金の割合まで…みんなどんな...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。