大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月05日更新

返事が絶対欲しいなら…!!男性に既読スルーさせない4つのLINEテクニック

返事が絶対欲しいなら...!!男性に既読スルーさせない4つのLINEテクニック

好きな人からLINEが返ってこないと悩んだ経験はありませんか?恋愛を上手く続けるために、LINEテクニックを身につけましょう!

短い内容を送る

彼とLINEのやり取りをする際は、長文を送らないように気をつけましょう。長文のLINEをもらうと、男性は何て返せば良いか分からず困惑します。伝えたい内容がたくさんあったとしても、短い内容を簡潔に伝えてください。

 

また、返信速度を彼に合わせると、LINEが長く続きやすいです。彼の返信スピードが遅いのに早く送り返してしまうと、「早く返信を返さないと」とプレッシャーを与えてしまいます。プレッシャーを与え続けると、「面倒くさいから後で返そう」と思うようになり、既読スルーに繋がっていきます。

スタンプを使って感情表現する

LINEでのやり取りは文字だけなので、感情が分かりづらいですよね。少し大げさと思うくらいの文面とスタンプを使って、感情を表しましょう。感情に合ったスタンプを送ると、こちらの反応が伝わり楽しく会話ができます。

 

LINEのやり取りは事務的なものではなくなり、彼により気持ちが伝わりやすくなるでしょう。この時注意したい点は、彼との会話でスタンプを使いすぎないことです。スタンプだけ大量に送ってしまうと、何と返信すれば良いか困ってしまいます。スタンプはあくまで感情を表す道具として利用してください。

会話をダラダラ続けない

好きな人とLINEをすると、自分からは中々会話を終わらせられないですよね。しかし、長く続けようとして会話をダラダラ続けていると、彼が面倒くさいと感じるようになりネガティブな印象を与えてしまいます。強引に会話を引き延ばしていると、既読スルーの原因になってしまうでしょう。

 

どうしても会話を続けたい場合は、彼が興味を持っているものを深掘りして話題を振ってみましょう。相手が興味を持っている内容なら、楽しく会話を続けてくれます。共通の話題を見つけて、彼と同じものに興味があると伝えてみましょう。上手くいけば話の流れから、デートにも発展するかもしれませんよ。

返信時間を見極める

LINEでやり取りする際は、相手が返信を送りやすい時間を選ぶようにしましょう。深夜や仕事中に送ったとしても、返信がこないことが多いはずです。おすすめの時間帯は、朝やランチ時間、仕事が終わった後などです。朝は通勤途中、昼はランチ中、夜は家に帰ってくつろいでいる時間を意識して、LINEを返してみてください。

 

彼のスケジュールがある程度分かっている場合は、忙しい時間を避けてLINEを送りましょう。忙しくてイライラしている時にLINEを送ると、相手も返信を返すのが億劫になってしまいます。彼がスマホを使う時間帯や暇な時間を見極めて、気軽に返信してもらえるよう工夫しましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。