大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • お母さんみたいになっていない?尽くし過ぎる女子が陥りがちなポ...
2020年01月21日更新

お母さんみたいになっていない?尽くし過ぎる女子が陥りがちなポイント3個

お母さんみたいになっていない?尽くし過ぎる女子が陥りがちなポイント3個

恋人ではなく、お母さん扱いされていると感じたことはありませんか?お母さんポジションを回避するためのポイントをご紹介します。

彼氏の都合にあわせすぎない

例えば、デートの日時や行きたい場所などを、彼の都合に合わせたりしていませんか。

また、彼の趣味を知り尽くして、彼に合わせてしまっていることはないでしょうか。彼の都合を優先させると、安心されてしまって、わがままを言われるきっかけにもなります。

 

わがままを聞いてしまうと、彼女ではなく都合のいいお母さんになってしまいます。自分の予定や好みは相手にしっかりと伝えて、わがままを言われたらきっちり注意しましょう。また、お互いの要望やお願いはちゃんと話し合える関係を作っておきましょう。お互いが対等の立場で尊重しあえるのが、お母さんポジションを回避するための第一歩です。

彼と自分の生活圏を尊重する

綺麗好きだったり、掃除好きだったりする女性のなかには、つい彼の家を片づけたり整理する人もいるかもしれません。また、料理好きの女性の場合、つい家で自炊して料理をふるまう人もいるのではないでしょうか。

 

ですが、お互いの私的空間をオープンにしすぎたり、家事や炊事を負担したりすることは、お母さん扱いに直結します。なかには、鍵だけ預けて掃除をさせる彼氏もいます。

 

しかし、お互いの部屋などの生活圏は、ある程度踏み込まず、尊重しあうことがポイントです。干渉しすぎてしまうと慣れが生じてしまい、新鮮な気持ちでお付き合いすることが難しくなります。お付き合いの段階では、ある程度の距離を空けて関係を作りましょう。料理の腕を披露するだけでなく、外食をしたり、彼にも料理を頼んでみてはいかがでしょうか。

心配しすぎない

LINEなどで連絡を取っている場合、彼が今何をしているのかとか、どこにいるのかとか、常にチェックしたがる女性は要注意です。彼氏への束縛や監視だけでなく、保護者のような気持ちに陥ることがあるからです。

 

そうなると、お母さんのような言動に出てしまって、彼から引かれる可能性が出てきます。特に、ある程度の年齢の場合は、お互いの私的な時間に踏み込み過ぎないよう気を付けましょう。

 

お互いに自分の時間を過ごせる関係こそ、自立した恋人同士の関係と言えます。お母さん化を避けるには、ケータイなどで相手のことを逐一チェックしたり、探ったりするのではなく、間を開けて連絡することがポイントです。もし連絡が取れなくて不安になったりしたら、叱ったり感情的にならずに、そのむねを冷静に伝えるのも、お母さん化を回避するポイントです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • お母さんみたいになっていない?尽くし過ぎる女子が陥りがちなポ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。