大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月03日更新

LINE告白は意外とあり?!告白が成功しやすいLINEメッセージとは

LINE告白は意外とあり?!告白が成功しやすいLINEメッセージとは
直接会って告白するのは怖くてできないという方もいるでしょう。そのような方はLINEで告白してみるのが良いです。メッセージによっては告白の成功率がアップします。

好きと付き合ってほしいは合わせて使う

LINEのメッセージを使って告白するときに注意しておくべき点は、文章でしか伝えられないところです。

表情や声のトーンで伝えることはできないので、文章の書き方に気を遣う必要があります。

 

このことを踏まえた上でおすすめなのが、「好きです」とシンプルな言葉で告白する方法です。

遠回しな言い方よりも「好き」という言葉を使って告白される方が、相手の心に響きやすいでしょう。LINEで「好きです」という言葉を送っても軽い気持ちで言っていると思われるケースもあるので、「好きです」と送る前に「大事な話があるの」という文章を送っておくと良いでしょう。

 

相手の性格によっては「好きです」という文章だけでは伝わらず、曖昧な関係になってしまうケースも考えられます。曖昧な関係を避けるためには、「好きです」という文章の後に「付き合ってください」という文章を送っておくのも効果的だと言えます。

ハートのスタンプで告白する

文章で「好き」という言葉を伝えるのが恥ずかしいという人は、LINEスタンプを使ってみるのも良い方法だと言えます。

 

例えばハートマークのスタンプを送ってみるのがおすすめです。

スタンプを使って告白することのメリットは、重苦しい雰囲気を漂わせずに済むことでしょう。

 

軽い気持ちで告白を受け取ってくれるので、重い話が苦手なタイプの男性には有効な手段だと言えます。このスタンプを使って告白する方法でも、スタンプを送る前に「伝えたいことがあるんだ」といったニュアンスの文章を送っておくのが重要になります。

 

何も言わずにスタンプだけ送っても告白しているということが伝わらない可能性があるため、「今から告白します」と相手に伝わるような文章を送りましょう。

彼氏になってほしいという言葉を使う

「好きです」という言葉では、ただ自分の気持ちを伝えただけになってしまうケースも考えられます。

そこで効果的なのが「彼氏になってください」という言葉です。

 

「彼氏」という言葉を使えば、「この告白を受けたら、自分と彼女は恋人同士になるんだ」という意識を男性に持たせることができます。この告白方法は何度もデートを繰り返している間柄であれば、成功率が高くなるでしょう。

 

相手が自分のことを好意的に見てくれている場合は、この告白を行うことで「この子の彼氏になってみたい」という気持ちになってくれる可能性は高いです。この告白方法でも「今から真面目な話をしたいんだけど」といった文章を事前に送っておくのが良いと言えます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。