大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 不倫をやめるにはちょうどいい?不倫男が不倫相手を切る理由【神...
2020年05月21日更新

不倫をやめるにはちょうどいい?不倫男が不倫相手を切る理由【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.62】

恋愛サバイバル教官「神崎桃子」の恋愛スパルタ塾の連載コーナーです。神崎桃子さんがスパルタ的にあなたの悪い恋愛傾向をズバズバ切っていきます!今回は、不倫をやめるにはちょうどいい?不倫男が不倫相手を切る理由についてお話してくれました。

神崎桃子の恋愛スパルタ塾

コロナのせいで寂しさや人恋しさで不倫に走る人も存在するが、その逆に「今こそ別れ時」と不倫を断ち切る人も少なくはない。

 

今回の恋愛スパルタ塾では「男がこの機会に不倫相手との関係を切ろうとする」その理由をレクチャーするよ!!

もうアリバイ作りができなくなったから

もうアリバイ作りができなくなったから

・「仕事で出張はなくなるわ、会社に出社しなくなるわで、アリバイ工作なんてできるはずもなく……。彼女には『危険に晒したくないから会うのやめよう』と電話で別れを告げた。でもかえって会わずにすんでよかったかも……。泣きつかれたらこまるもんね」(43歳男性/営業)

 

・「こんなときに『彼女と泊まるからアリバイ頼むよ』って友達に頼めるわけがない。そこで彼女に会ってもし感染ルートなんて探られたらたいへんだよ。リスクを考えるととてもうかつな行動は取れない!それに仕事も減ってこの先家族を食べさせいけるかどうなるかわからない状況下で遊べる金なんてないよ」(39歳男性/旅行関係)

 

――在宅ワークや仕事の状況が変化したために「会えない」という不倫カップルは多いもの。

 

これまで、簡単にアリバイ作りができてたものの、自粛生活ともなれば家族の目はあるし、家族のためにやるべきことも増えるだろうしね。

 

不倫男には「いま、遊んでいる暇はない!」というのが本音だろうね。

 

妻や子供が家でじっとしてるのに

「自分が遊んでていいのか」

「不倫なんてしてていいのか」

なんて罪悪感もわくんじゃない?

 

一家の長として非常時や緊急事態のときには家族についててやるのは当然のこと。

 

これまで「妻とはうまくいってない」「妻とは別れるつもり」な~んて言ってた男でさえも

「リスクおかしてまで彼女には会いたくない」ってんだから笑えるよね。

 

結局、男は自分に余裕がないとき、またはお金に余裕がないとき、そんな気は起こらないんだよ。

 

【神崎桃子の恋愛説法】男には“家庭”という土台があってこその不倫。その土台が崩れそうになれば不倫なんてしないの。

もう彼女がうざくなってきたから

もう彼女がうざくなってきたから

・「寂しいからって『ZOOMで会いたい、飲み会したい』と言ってくる彼女。気持ちはわからないでもないけど、奥さんがいるこの家でできるわけがない!『もう少しすれば会えるから我慢して』ってなだめてたんだけど、彼女が次第にエスカレートしてきて電話してくるように……。『今、愛してるって言って』『なんで言えないの?』とかわざと聞いてきたりする。もうこうなったら別れるしかないですよ」(37歳男性/建設)

 

・「彼女とのLINEに辟易した。朝は『おはよう』からはじまり、昼間は『今、何してるの?』とイチイチ聞いてくる。夜は『おやすみ』を入れないとしつこく『寝ちゃったの?』『なんで返信くれないの?』って来る。不倫は“普通のカップルとは違う”ってことをわかってない」(45歳男性/印刷)

 

――男が自宅にいながら堂々と不倫なんてできるわけがない!!

 

それなのに「今、何してる?」なんて状況を知りたがるLINEに男はうんざり。

 

自分が寂しいからって返信を催促したり、連投されるのも家族のいる身の男からしたら嫌がらせ以外のなにものでもないね。

 

困ったことに女というのは不安が募ると言動が大胆になってくる。しかも、そんなときの女はとっても意地悪。

 

「私は我慢してるのに、あなたは奥さんと一緒だなんてずるい」

「少しでも声が聞きたいの!電話で話したい」

「え?私と奥さんどっちが大事なの?」

なんてワガママを言い出したりして……。

 

でも不倫は相手の家庭の事情を理解し、制限を設けなければならない恋。

 

だから自制心のない行動を彼女にとられたら男は容赦なく切るだろうね。

 

【神崎桃子の恋愛説法】家族優先なのを承知ではじめた恋に自分の都合なんて通じるわけないのよ!

もう彼女に飽きてたから

もう彼女に飽きてたから

・「最初は盛り上がっても、付き合ううちにマンネリにはなってくるよね。会っても面白くなくなってきてたからそろそろ潮時かなって感じてた。そんな矢先に緊急事態宣言が……。『こういう状況なら仕方ないよ』と言って終わらせた」(47歳男性/店舗経営)

 

・「彼女に飽きてたとこだったから、ちょうどよかった。ほんと身勝手だけど、男は女性の肉体を求めて浮気や不倫に走るとこがあるんで……。だから“抱くのが面倒くさい”ってなったらもう終わりでしょ。『飽きたから』なんてとても言えないけど、今ならコロナのせいにできる」(43歳男性/医療関係)

 

――不倫の恋が盛り上がるのは、妻との関係では味わえない刺激があるからといっても過言ではないだろうね。

 

でも、そんな新鮮味やワクワク感が減れば不倫を続けている理由もなくなる。

 

だって、男は夫婦生活のマンネリから現実逃避したくて不倫したんだからさ。

退屈な関係なんて嫁とだけで充分でしょうよ(笑)

 

それに付き合いに慣れてくれば、最初は彼女の「可愛い」と思えていた感動は薄くなるもの。

 

男が「楽しくてしょうがない」のは最初の新鮮な頃だけなんだよ。

 

【神崎桃子の恋愛説法】男からしたら不倫の恋がマンネリ化したら幕を引くにはいいタイミングってこと!

相手に切られる惨めさを味わうくらいなら、自分から不倫切りするのもアリ!!

相手に切られる惨めさを味わうくらいなら、自分から不倫切りするのもアリ!!

不倫の恋って結局「リアルでなければ満足できない」もの。

 

だいたい不倫自体が三密行動なんだから。

密閉・密集・密接を避ける、ソーシャルディタンスをとって不倫するって不可能だよ(笑)

 

残念だけど、遠隔やオンラインで継続できるカップルというのは相手に心の繋がりを求めている場合のみ成り立つもの。

 

もしあなたが不倫相手に切られるくらいなら、自分から相手を切ったほうが得策ってものじゃない?

 

「そろそろこの関係、終わりにしたいな……」なんて考えてた不倫男からしたら、この状況下はまさに「渡りに船」なんだから!

 

(恋愛事情専門家/恋愛コラムニスト・神崎桃子)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

「恋が続かない」「結婚にたどり着けない」「出会いがあってもいい人止まり」「男の見極め方がわからない」「男運が悪い」「本命になれない」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」など、あらゆるカテゴリの恋愛をフォーカスできるコラムニスト。 男女の思考回路の違いや男心を分析した記事は定評があり男性読者も多く、数々の大手ポータルサイトにて連載を抱え、多くのヒット記事を生み出す。 また独自の恋愛説法を唱える「恋愛サバイバル教官・神崎桃子の恋愛スパルタ塾」は大好評。 著書の「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!!」(すばる舎)では「恋活や婚活に本当に必要なのは男を見極める力、また男を切る力!」と自ら経験して得た“恋の教訓”を伝授。恋のしくじり女性に強さと勇気を与える一冊となっている。 恋愛映画のコメンテーター、ライター養成、文章セミナー、恋愛セミナーの講師としても活躍中。 ★男と女のこと、恋に関することはすべてお任せ!恋愛事情専門家・神崎桃子:オフィシャルサイト http://kanzakimomoko.com
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 不倫をやめるにはちょうどいい?不倫男が不倫相手を切る理由【神...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。