大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「それって節約不倫じゃないの?」節約恋愛をやめるべき理由!【...
2020年06月18日更新

「それって節約不倫じゃないの?」節約恋愛をやめるべき理由!【神崎桃子の恋愛スパルタ塾vol.64】

恋愛サバイバル教官「神崎桃子」の恋愛スパルタ塾の連載コーナーです。神崎桃子さんがスパルタ的にあなたの悪い恋愛傾向をズバズバ切っていきます!今回は、「それって節約不倫じゃないの?」節約恋愛をやめるべき理由!についてお話してくれました。

神崎桃子の恋愛スパルタ塾

多目的トイレを利用した不倫騒動には誰もが度肝を抜かれたはず……。

このところ「APAホテル」だの「4WD」だの「多目的トイレ」だのと慌ただしいけど、そんなお金をかけない“節約不倫”を神崎桃子は成敗したい!

 

もし、あなたが彼との将来を約束して二人で節約を決めたという以外で、「お金をかけないデート」ばかりしているというなら要注意よ!!

 

あなたの彼が独身だろうと既婚だろうと「ケチな男」とつきあうと最終的に後悔することになる。

 

だって女にお金を出したくない男は基本的に「ずるい性質」なんだから。

 

今回の恋愛スパルタ塾は「節約恋愛、節約不倫をやめるべき理由」を伝授するよ!

節約不倫がダメな理由~「その男は自分の快感しか求めてないから」

節約不倫がダメな理由~「その男は自分の快感しか求めてないから」

節約不倫男が求めているのはなにより自分の快楽!

 

普通は相手のことを考えて、女性好みの店に食事に行ったり、ロマンチックなシチュエーションや部屋を用意したりするのだけど、そんな時間やお金を惜しむのが節約男!

 

もし、あなたの彼が最初は外でご馳走してくれたり、デートに時間を割いてくれたのに、今じゃ「食事もしない」「アナタの部屋にやって来て短時間で帰ってしまう」……なんてことなら、“同じ穴の狢”だよ!

 

そういう男は基本的に自分のことしか愛してない!

世の中には女好きな男も存在するけど、本当に「女が好きな男」というのは女にお金を使うし、女に優しくするし、サービスしてくれるもの……。

 

自己の快楽第一主義とはちょっと違う。

 

「好きな女と関係をもちたがる男」というのは、そこに至るまで時間をかけるしプロセスがある。

 

だから、そのへんを端折る男は「ハッキリいって誰でもいい」し、「機会があれば誰とでもそうなりたい」と思ってるよ。

 

あと、不倫で金をケチる男はそのときばかり野獣になる。だって自分の得しか考えてないからね(笑)

妻では得られない快感を満たそうとして、妻とはできないプレイを押し付けてくる可能性は十分あるよ。

 

【神崎桃子の恋愛説法】節約男は女を喜ばせることよりも自分が好きだから……いつでも自分を喜ばせたいだけ!

 

節約不倫がダメな理由~「その男の要求がエスカレートするから」

節約不倫がダメな理由~「その男の要求がエスカレートするから」

 

男にとって絶好のカモになる女は「すぐに男の求めに応じてくれる女」……。

 

彼が慰めて欲しがっていれば深夜でも駆けつける、「彼が好きだから」「彼がそうしたいなら」と自分の意見をグッと飲み込んで身体を許す……。

もしこんなことが数回あるなら、あなたはすっかり節約男の餌食。

 

彼はすぐにあなたをありがたがらなくなるよ。

男はお金や時間を掛けずとも女性が身体を差し出せば、必ず調子にのるからね!

 

いつでもどこでも配達可能な「デリバリー女」としかみなくなる。

 

二人の関係がより親密になるよりも、そんな彼にあなたが献身的になればなるほど男のダメンズぶりに拍車がかかる。

女にそうしてもらえた男というのはますますつけあがり、男をひどく傲慢にさせる。

 

一度男の言いなりになってしまえば、次は「なんで今日はそうしてくれないの?」と怒り出すことだってあり得る。

 

「身体目当てのケチな男」っていうのは自分の思い通りにならないとすぐに切れるからねぇ。「してくれて当たり前」となり、いろいろとエスカレートしていくんだよ!

 

【神崎桃子の恋愛説法】

すぐに要求に応じてくれる女は男にはとても都合がいいもの。そして尽くされた男というのは自分が女にすべきことを怠り、なまけるのが常。好きになると献身的になってしまう女性は要注意だね。

節約不倫がダメな理由~「あなたの身体が傷つくから」

節約不倫がダメな理由~「あなたの身体が傷つくから」

彼から「早く会いたかった!」なんてキツく抱きしめられたり、身体をいきなり求められてまさか

「情熱的ね、私のことそんなに好きなのね」な~んて短絡的に思ってない?

 

あなたのことを本気で思ってくれる男というのは「求める」より「与える」ことができる人。

 

清潔なホテルや部屋ならともかく、車や外で……だなんて女性の身体を思いやる気持ちも余裕もない証拠。

 

女性のデリケートゾーンは傷つきやすい!

シャワーもナシ、外での行為なんて女の身体に不利すぎるでしょう。雑菌は入りやすく感染症になるリスクもあるんだよ!

しかも、女性の身体というのはストレスやホルモンで免疫力が低下するんだから……。

そこで節約してなんかあったらどうすんのっ?

 

すぐさま求められても「ここはイヤ」「シャワー浴びたい」ときっぱり断るべき。

 

もし、「俺はここで構わないよ」と無理強いしてくる男なんて最低。彼氏としてどころか「人としてどうよ」ってレベル。

 

それにホテルも使おうとしない節約男がちゃんと避妊するかなんてことも怪しい。

あなたがピルでも服用していない限り妊娠のリスクも高まるんじゃないの?

「軽はずみな行為のせいでデキてしまった……」なんてことになったら悲劇!

向こうはレディースクリニックの費用さえ踏み倒そうとするかもしれない!!

 

しかも、彼が既婚者であるなら、あなたも事あらば法的に慰謝料を払わなければならない立場……。そこも決してお忘れなく。

 

【神崎桃子の恋愛説法】本当にその男に愛があるなら女の身体を守ろうするのが普通。あなたの身体や心を傷つけるようなことはしないはずだよ!

節約不倫やケチな男から得るものはなにもない!!損するのはあなた!

節約不倫やケチな男から得るものはなにもない!!損するのはあなた!

いい?自分のお金や時間を出し渋るケチな男はそもそも女性を大切に扱う気なんかないんだよ。

 

だからそういう男と付き合っていたら、女側に失うものや損なわれるものが必ず出てくる!

 

それはあなたの労力かもしれないし、プライドかも知れないし、身体かもしれないし、懐かもしれない。

 

ケチな男から得るものなんて虚しさだけ……。

「自分が大事にされてなかった」ってことが改めてわかるんだから。

 

(恋愛事情専門家/恋愛コラムニスト・神崎桃子)


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

「恋が続かない」「結婚にたどり着けない」「出会いがあってもいい人止まり」「男の見極め方がわからない」「男運が悪い」「本命になれない」「絶賛不倫中」「婚外恋愛したい」など、あらゆるカテゴリの恋愛をフォーカスできるコラムニスト。 男女の思考回路の違いや男心を分析した記事は定評があり男性読者も多く、数々の大手ポータルサイトにて連載を抱え、多くのヒット記事を生み出す。 また独自の恋愛説法を唱える「恋愛サバイバル教官・神崎桃子の恋愛スパルタ塾」は大好評。 著書の「恋愛サファリパーク~必要なのは女子力よりサバイバル力!!」(すばる舎)では「恋活や婚活に本当に必要なのは男を見極める力、また男を切る力!」と自ら経験して得た“恋の教訓”を伝授。恋のしくじり女性に強さと勇気を与える一冊となっている。 恋愛映画のコメンテーター、ライター養成、文章セミナー、恋愛セミナーの講師としても活躍中。 ★男と女のこと、恋に関することはすべてお任せ!恋愛事情専門家・神崎桃子:オフィシャルサイト http://kanzakimomoko.com
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「それって節約不倫じゃないの?」節約恋愛をやめるべき理由!【...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。