大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百四十一回目。
2020年09月25日更新

西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百四十一回目。

それでも恋がしたいんだ!/西山繭子

南イタリアのバーリという街にあるサン・ニコラ教会の地下礼拝堂には、奇跡の柱と呼ばれる柱があり、なんでもそれに触れると生涯の伴侶に出逢えるそうです。海外旅行が解禁になったあかつきには、真っ先に南イタリアへと飛んでいる私がいることでしょう。

 

これまでもそういった願掛けは幾度となくトライしてきました。東京大神宮では縁結び絵馬を書き、京都の地主神社では目を閉じて恋占いの石の間をよろよろと歩き、パリのポン・デ・ザール橋には愛の南京錠をかけ、フィレンツェのサンタ・マルゲリータ・デイ・チェルキ教会ではベアトリーチェ宛に手紙を書き、台北の霞海城隍廟では一緒に行ったニューハーフの友人と線香を手に必死の形相で参拝をしました。

 

しかし今のところまったく効果なし。川越の氷川神社で8月8日の8時8分に行われる良縁祈願祭なんて3回も行きましたが、一緒に行った友人も皆いまだに独身という残念っぷり。これはメキシコのグアナファトで『口づけの小道』というカップル向けの観光スポットに行った時、そこを仕切っていたおじさんに「ここに一人で来たら、一生結婚できないぞ」と言われ「ふん!そんなの信じるかい!」とキス写真を撮るカップルを横目に1人で記念写真を撮った呪いなのだろうか。はたまたグアムの恋人岬で鐘を鳴らしながら「江戸の町が燃えるよ。ああ吉三さん、もうすぐ会えるよ」と八百屋のお七を演じる北島マヤの真似をした呪いなのだろうか。

 

いや、呪いではなくて「そういうことをしてしまう性格」だよね。うん、間違いなくそっちが原因だよね。この性格が恋を遠ざけているのは間違いないのですが、それでも悪ふざけをしてしまう私。以前、20代男子に「西山さんって、ひたすらボケ倒しますよね」と言われたことがあります。ボケ倒す、なんてモテなさそうな性格表現!

 

今、苦し紛れに「性格を変える パワースポット」と検索してみたところ何やら怪しげな通販サイトが出てきました。スピリチュアルな水が52800円ですってよ、奥さん…。性格は変えたくても、さすがに手が出ません。というか出したくありません。ジャパンライフのベルトぐらい手を出したくありません。

 

しかしまあ季節はあっという間に夏から秋になってしまい、私の感覚ではもういくつ寝るとお正月です。コロナ禍で外出を控えているせいもありますが、ここまで艶のない生活を送っているとさすがに焦りを感じてきました。よし、GO TOキャンペーンも始まったことだし、この秋は日本一の縁結びの聖地、島根県の出雲大社に行ってみよう!はっ!全然こりてないじゃん、私!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

日本の女優、作家。東京都出身。 大学在学中の1997年、UHA味覚糖「おさつどきっ」のCMでデビュー。 テレビドラマを始め、女優として活動。 最近は小説やテレビドラマの脚本執筆など、活動の幅を広げている。 著書に 『バンクーバーの朝日』 『色鉛筆専門店』 『しょーとほーぷ』 『ワクちん』 などがある。 オフィシャルサイト→FLaMme official websiteオフィシャルブログ→ameblo
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 西山繭子の「それでも恋がしたいんだ!」第百四十一回目。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。