大人女子のためのWebメディア
検索
2019年09月19日更新

小学生も英語を学ぶ時代!今から出来る英語勉強法とは

2020年の小学校英語必修化まで早くもあと半年となりました。英語の授業が行われ教科化されるということだけではなく、その後の受験や中学校以降の授業にも少しずつ影響を及ぼすような変化が起こっています。早い内に英語に拒否反応を持ってしまうと英語を好きになるのは難しくなるでしょう。英語が必須となる時代に、少しでも英語を学ぶのが楽しいと今から感じる為にはどんな関わり方をしていけばよいのでしょうか。家庭で出来ることを考えてみましょう。

2020年の英語教育改革

2020年度に学習指導要領の見直しが行われます。見直しは英語に限りませんが、今回は英語の改革について見てみましょう。

改革に伴って現在小学5、6年生が「外国語活動」という授業を行っていますが、2020年度以降は3、4年生から行われるようになり年間35時間となります。5、6年生については「英語」が教科として追加され成績がつくようになり年間70時間となります。現在中学校で習う英単語の半分を6年生までに習得します。中学・高校では授業そのものを英語で行う(オールイングリッシュ)ようになる予定です。

さらに従来の英語教育は、英語に慣れ親しむために「聞く」「話す」を重視していましたが、今後はさらに「読む」「書く」を加えた4技能をバランスよく育むことを目標にしています。

必修化することのメリット・デメリット

必修化についてはさまざまな意見もありますが、ますはメリットをご紹介します。

(1) コミュニケーション能力の向上

英語を発すること、外国の方とコミュニケーションを取ることに抵抗を感じていれば英語を話せるようになるのは難しいでしょう。しかし小学生から学ぶことで、抵抗感を薄くすることが出来ます。必修化に向けて文科省規定の外国語活動以外に、国際理解などの時間を設けてさらに低学年から英語や外国の方と触れ合う時間を作っている学校も多くあります。

(2) 英語学習時間の増加

現在の中学・高校の授業だけでは英語習得する上で時間が足りないという意見があります。小学校から英語の授業を行うことで履修時間が増え、時間不足を解消することにつながります。さらに「6年間勉強しても話せるようにならなかった」という大人が多くいますが、それは学校で話すことを学んでいないからと言えます。「話す」を加えた4技能を早くから学ぶことにより、実際に英語を話せる・使える人材を育てることになります。

(3) 中学校での英語につながる

従来の「外国語活動」は学校間で指導方法に違いがあり、習得レベルに差が出てしまいました。義務化に伴い教科書を使用し指導方法を統一することで、学校間のレベルの差が少なくなり中学校以降の授業で地域格差を防ぎます。

英語教育を義務化することのデメリット

(1) 教師の問題

小学校の教師は、授業を行う以外にもたくさんの業務があり多忙を極めます。さらに英語が導入されると、忙しさが増すことになります。さらに英語を教えるのは専門の教師ではなく、担任が授業を受け持ちます。改革に向けての研修などが実施されていますが、どのように教師の質を高め質の良い授業をするかということは課題となります。

(2) 他の教科時間が減る

英語の時間を一定確保するということは、当然他の教科の時間が減ることにつながります。くわえて、母国語である日本語の習得がおろそかになるのではという懸念の声も上がっています。

メリットもデメリットもある必修化ですが、半年後には全国で導入されることを考え準備することが必要です。

小学生が英語に興味を持つために意識すること

英語の勉強を続けていく上で大切なのは「英語が好きという気持ち」と「外国人の存在を知り興味をもつ」ことです。英語の勉強に慣れていない小学生に、どれだけ英語が楽しいと感じさせるかがマスターへの近道となります。具体的には下記を意識しましょう。

(1) 英語に興味を持たせること

子どもは楽しければ勉強しますが、つまらなければしません。英文法や英単語に特化して「つまらない」と感じてしまうと、そこからは英語嫌いになってしまう可能性があります。漫画やアニメなど、勉強と感じずに英語に触れることができるものはオススメです。

(2) 生の英語を聞かせてあげること

一般的に子どもは10歳くらいまでに耳が完成されると言われています。この間に生の英語を聴かせることで、自然と覚えることにつながります。生の英語は、洋画やアニメで聴くことができます。ディズニー映画やアニメの吹き替え版などを教材にすれば楽しく学ぶことが出来ますね。最初は日本語で聞いてストーリーをつかんでおくと、より理解が早くなります。難しい単語が出てきた場合は、無理に覚えようとせずに聞き流して構いません。

(3) 毎日少しずつ英語に触れること

どんな勉強にもいえることですが、続けなければすぐに忘れてしまいます。特に英語は言葉ですから、いざという時使えるようになる為には毎日継続して続けることが重要です。スポーツと同じで反復練習を継続すれば、基本的な英語力が自然と身につきます。

(4) 親子で学ぶこと

楽しい教材を使っていても小学生はすぐに飽きてしまいます。それを防ぐ為には親子で一緒に学ぶことが大切です。「英語なんて分からない」と不安に思う方もいるかもしれませんが、親が教えるというのではなく一緒に学ぶという姿勢でいいのです。そんなに時間が取れないという方もいるかもしれませんが、全ての時間を一緒に観たり聴いたりする必要はありません。子どもが興味を持って取り組める状況を一緒に作ってあげましょう。

小さい内から英語に親しもう!

継続して英語に触れることの出来る身近なツールをご紹介します。

(1) Kipperシリーズ(絵本)

出典:Amazon

絵本の読み聞かせは幼稚園の時から出来るのでオススメです。「英語に自信がない」というママでも、CDがついているものなら大丈夫。Kipperシリーズはステージ1から9までの220冊が提供されています。

ご紹介するセットは、ステージ1~3の32冊とガイドブックのセットになっていて、毎日少しずつ目と耳で英語に触れるのにピッタリです。1冊であれば600~700円なので、まずは試しに1冊購入してもいいでしょう。

(2) 書いて覚える楽しいフォニックス

出典:Amazon

フォニックスとは「英語のスペルと音の法則を知る」ためのもので、英語圏では低学年の子どもに教えるものです。英語の母音は日本語の「あいうえお」には対応しません。フォニックスは、前後の組み合わせで変わる日本語にはない音を体感できるのでとても有効です。

フォニックスの本はたくさんありますが、こちらはフォニックス英会話アカデミーが監修していて親子共に分かりやすい作りとなっています。

(3) NHKのTV番組

テレビさえあれば観ることのできる教育コンテンツとして、NHKの番組がオススメです。

「えいごであそぼ」「エイゴビート」「ボキャブライダー」「基礎英語0」などが幼児から小学生向けの英語番組です。1回15分程度で毎週放送していますし、再放送もあります。録画しておけば何度も観ることが出来るのもいいですね。興味を持つものがあれば、是非継続して観てみましょう。

(4) CD付 ディズニーの英語 コレクション

子どもが大好きなディズニーのストーリーが全て英語で書かれている本です。人気のストーリーを読んで楽しく英語を身につけられると共にCDがついているので聞いても楽しむことが出来ます。きれいなイラストは、眺めているだけでも楽しめます。ストーリー以外にも、会話でよく使われる表現から日常で使えるものをピックアップして解説していて勉強になります。子どもだけではなく大人も楽しめる内容となっています。シリーズは20冊近くありますので、次々と揃えたくなること間違いなしです。

 

Youtubeやアプリなどで探すと、子ども向けの英語動画やゲームがたくさんあります。無料でいつでもどこでも英語に触れる機会が作れる時代になっていますね。大切なのは継続して触れること。色々試してみて、気に入ったものがあれば少しの時間でいいので毎日触れましょう。

 

筆者の子どもは週に1回英会話教室に通っています。それ以外では英語に触れる機会がない為、これだけではあまり効果がないと感じました。英語を嫌いにならない、英語のある生活が自然になる為には、少しづつ環境を整えることが必要だと思いました。

英語が当たり前になれば、小学校の授業で英語が始まっても抵抗なく授業を受けることが出来るでしょう。絵本やTV、DVDなどは大人も楽しむことが出来ます。親子で毎日英語に触れて一緒に英語力を伸ばすのもいいですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

専業主婦で1児男児の母。35歳で子供を授かり育児奮闘中です。出産の痛みに怯えていましたが、案ずるより産 むが易し。産むのは一瞬でした。しかし産んでからは体力勝負。待ちに待った可愛いわが子であっても思っていたのと違うと悩むことも多いです。子育てのかたわら、タティングレースのアクセサリーを作ってWEBや委託にて販売しています。これからお子さんを持とうという方たちへ、大変ながらも楽しい育児をお伝えすることで少しでも参考になればと思いますのでよろしくお願いいたします。◆ブログhttp://ameblo.jp/bettymoca ◆Facebookhttp://www.facebook.com/carinofilo
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。