大人女子のためのWebメディア
検索
2019年10月01日更新

幸せになれる婚活のすすめ

幸せになれる婚活のすすめ

『婚活』とは、「結婚するための活動」と書きますよね。そもそも結婚しなくてもいいと思う人は、婚活なんてしませんもの。

なので、せっかく意図して婚活しているのですから「なんとなく成り行きで」なんて感じではなく、「この人しかいない!」と確信して、人生の駒を進めていきたくないですか?

 

そのために、婚活時に意識しておきたいことがあります。より幸せな結婚をするために必要なことは、成り行きなんかではありません。

結婚する意味はありますか?

条件だけで契約するでもなく、「好きな人と結婚する」って、すごいことですよね。

でも、婚活しているときに焦ってしまうと「もう結婚できればいいから」とか「条件さえ合えばいいから」などとゴールがぼやける人も多いんです。

 

もう、婚活自体がストレスになってしまったら、「結婚する意味はあるのかな?」と一度冷静になってみることもおすすめします。

「どうしてもこの人がいい」という人に出逢えれば、結婚に自信を持つことができます。

良い時も悪い時も

結婚するときの誓いの「良い時も悪い時も…」というあの言葉、英語でも「グッドタイムス、バッドタイムス…」っていうんですよね。

婚活しているときに、この言葉を聞いてグッとくる相手なら、自分の中で「先へ進みましょう」というサインが出ているはずです。

 

いろいろ相手を見て知っていくことも大事ですが、グッとくる人に勝る人はいないんです。本当に幸せになりたいと思うなら、自分の本能を信じてみることをおすすめします。

全力で持ち上げる?

婚活しているときに「この人なら、自分の人生を持ち上げてくれる」人を選ぶことはおすすめしません。一生ずっと変わらない条件を持っている人はいないからです。

自分の気持ちが変わらなくても、相手の気持ちが変わってしまったらどうでしょう?そんな人に人生をかけた恨み節しか出てこないでしょう。

 

なので、「この人の人生を自分が全力で持ち上げたい」という人を選ぶことをおすすめします。結果、自分の愛する力の大きさに驚くことになり、どんな事態でも幸せでいられます。

幸せになれる婚活

「人に何とかしてもらおう」としている人は、自分で自分の能力を小さく言っていて、結果、自分で自分をどうにかすることさえもできなくなります。

自分の脚で歩けるのに誰かにおんぶに抱っこされ続けたら、いずれ、自分で立つこともできなくなってしまいます。

 

それよりも、自分の足で歩けるところを、愛する人を守るために走ることまで覚えてしまった方が、いずれ最高に幸せを感じることができます。

こんな気持ちで婚活している人が、婚活で幸せになることができるようです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。