大人女子のためのWebメディア
検索
2019年11月19日更新

年下男性が年上彼女との結婚を決める瞬間6選

アラサー世代にとって気になるのはやはり結婚ですよね。でも、「結婚に焦ってんな」と男性は感じ取った瞬間に萎えてしまいます。結婚に焦っていることを男性に知られることは大きくマイナスに働くことがあります。

「結婚したい女」というのは、一般的に言って男性にとっては怖い存在。しかも、自分より年上の女性ならなおさらで「付き合ったらすぐ結婚を迫られるのではないか?」そう思うと怖くてなかなか手を出せないそうです。

しかし、年下男性が年上彼女と「結婚しよう!」と決意する瞬間があります。今回はそんな結婚を決める6つの瞬間を紹介します。

1. 弱さを見せて頼った瞬間

年下男性とお付き合いしている全女性の皆さんに覚えていてほしい魔法の言葉があります。ズバリ「ギャップ萌え」。基本的に年下男性にとって年上女性は難攻不落なものです。えてして恋愛経験も豊富で、年下男性がする稚拙な駆け引きでは手に入らない存在。ですがこの手ごわい感じが、若い女のいわゆる「チョロさ」とは違った魅力になっているものなのです。

でもそうはいっても、年下だって男は男。男性というのは、愛する女性を守りたい生き物。年上女性に弱さを見せられ、甘えられたとき、そのギャップに舞い上がって「ずっと一緒にいたい」なんて思ってしまうことも。

2. 人柄の良さに感激した瞬間

「好き」と言わなくても意中の相手に好意を伝える

男性が結婚を決めるのは、見た目より年齢より、人柄と自分への優しさだといいます。

若いほど結婚には有利、なんて時代は終わりました。実際、年を取らない人はいません。目先のことだけを考えない、結婚して10年、20年先のことまで考える頭のいい男性ほど、最後は人柄だということをわかっているのです。

自分の年齢に卑屈になる必要はありません。『こんな年上でごめんね』ではなく、『こんな綺麗なおねえさんとデートできてラッキーだね~』と明るく言えるくらいになりましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter