大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男と女のセックスの考え方はこうも違う。だからセックス後に不満...

男と女のセックスの考え方はこうも違う。だからセックス後に不満を感じる。

男と女ではセックスに対する考え方が全然違います。だからこそ愛し合ったセックスの後に不満を感じることがあるのです。セックスへの考え方の男と女の大きな違いを説明します。

20161102_m_1

男と女ではセックスに対する考え方が全く違います。
大好きな人とセックスした時、相手のささいな行動に不満を感じることがあるでしょう。それは大抵の場合、セックスに対する男と女の考え方の違いが原因です。

では実際に、セックスへの考え方の男と女の大きな違いとはなんでしょう。

セックスの終わりのタイミング

男性は射精することでセックスを終えたと考えますが、女性はその後のピロートークもセックスの一部と考えます。

この考えの差が溝を生む時があります。

彼氏が射精した後に素っ気なくなる、そんな態度に不満を感じる女性は多いですね。

逆に男性は、射精後の態度に不満を感じる女性を面倒に感じます。

男性心理

射精した後の脱力感は相当なものなので、その直後は何をする気も起きないでしょう。

言ってみれば全力疾走した直後のようなものですし、射精した以上、裸の女性に興奮もしません。だからこそ、タバコも吸いたくなりますし眠たくもなります。

こうした男性の行動を見てしまうと、女性としては“ただヤリたいだけなんだ”と思ってしまいます。

しかし、男性心理で言えば決してそうではありません。射精した後に冷めた感情になってしまうのは生理現象なのです。

女性心理

セックスで女性が求めるのは、快楽よりも愛情です。
どれくらい男性が自分を愛してくれているのか、それをセックスの中で判断しています。

その判断基準となるのが射精後の男性の態度です。実は女性も、射精後に男性が疲労することは分かっています。

分かっていつつも、女性はピロートークを求めます。

要するに、疲労を我慢してでも自分と接してくれるかどうか、そんな男性の気遣いで愛情の有無を判断しているのです。

ピロートークの求め方がカギ

ピロートークを求める女性に対して、男性が感じる不満は一つです。

「射精した疲労感を分かっていない!」

これは男性の考え方が間違っています。

女性は射精した疲労感を分かっていないのではなく、知った上でピロートークを求めているのですから。

男性を嫌な気持ちにさせないためには、疲労を優しくいたわりながら、それでも一緒に甘い時間を過ごしたいと伝えてください。

 

脱力感がある以上、できれば休みたいと思うのが男性の本音です。

それを望むのであれば、女性の方からピロートークしたいことを伝えるべきなのです。

少なくとも、何も伝えずに男性の行動だけで勝手に判断してはいけません。

なぜわざわざ伝えなければならないか?
それは、男と女ではセックスの終わりにおいて、考え方に違いがあるからなのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男と女のセックスの考え方はこうも違う。だからセックス後に不満...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。