大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 女子がエッチを楽しめない理由とは?【ひとみしょうの男って実は...
2020年01月24日更新

女子がエッチを楽しめない理由とは?【ひとみしょうの男って実は……】

女子がエッチを楽しめない理由

以前ほどアダルト記事を書かなくなったので、今どうなのかよくわからないんですが、少し前は、彼氏がよろこぶフェラの方法や騎乗位の方法を書いてある記事がネットに頻繁に出回っていました。

彼と楽しく気持ちよくエッチしたいと考える女子が多いから、そのような記事に女子のニーズがあったのだろうと思います。

がしかし、フェラや騎乗位のテクといった表層的なことではない、もっと深いところに、女子がエッチを楽しめない理由があるのです。

男の感情表現の下手さ

女子がエッチを楽しめない理由

女子がエッチを楽しめない理由を男の側から見たとき、そこには、男の感情表現の下手さがあるように思います。

彼の感情表現が下手だから、女子であるあなたが彼の真意がわからず、結果として、どうふるまうといいのかわからなくなって、お互いに言えないことを胸に抱えたままエッチする……それで気持ちよくなったり楽しくなったりすれば、地球がひっくり返りますよ。

 

エッチが好き、エッチが気持ちいい、エッチが楽しいと言っている女子は、たいてい、感情表現がうまい男と付き合っています。

「どんなエッチしたい?」「こんなプレイやったことある?」「え? それやったら変態なの?」「でもやってみようよ、興味あるから」などと、お互いに思っていることや感じていることを率直に話すから、エッチを楽しめるのです。

感情表現が下手な彼をどうする?

女子がエッチを楽しめない理由

感情表現が下手な男を好きになって、ハダカを差し出そうと決めたのはあなたなのだから、少々しんどくても、彼と今後どうするのかを自分で決める必要がありますね。

感情表現が下手な男のことを好きになる女子は、彼とおなじく、わりと奥手というかおとなしめの人だったりしますよね。

類は友を呼ぶ、みたいに、ふたりとも感情表現があまり得意ではなくて、でもそのような彼氏に対してそれでもリードしてもらいたいと思っているという感じのカップルが多いですよね。

さて、彼のことをどうしましょうか?

女子がエッチを楽しめない理由

一番いいのは、感情表現が豊かな男子と出会って、今の感情表現が下手な彼と別れることかもしれません。

あるいは、たとえば、感情表現が下手な彼が安定した仕事をしている人で、彼がもつ経済的安定をキープしておきたいと考えている女子であれば、彼とのエッチはごく淡泊にこなして、ほかの男と燃えるようなエッチをするという選択をする女子もいますね。

あなたの場合はどうするのか、ご自身でよく考えてみてください。

まあ、たいていの場合、感情表現が下手な男は、感情表現が豊かな男に負けるので、考えなくても、時が経つにまかせていればどうにかなるように思います。

楽しいエッチのベースにあるのは信頼関係です

女子がエッチを楽しめない理由

相手が本命の彼氏であれセフレであれ、エッチという行為を支えているものは信頼関係です。

信頼関係があってこそ、気持ちいい楽しいエッチができます。

なので、たとえば、マッチングアプリで出会ってヤッてもぜんぜん楽しくなかったというのは、あなたのテクや相手のテクが貧相だからではなく、信頼関係がないからです。

信頼関係がない相手に対して、あなたはいきなりフェラできますか? できないですよね?

同様に、男も、信頼関係がない女子のアソコをいきなり舐めれないのです。

だから、「マッチングアプリで出会ってエッチした男は、わたしのを舐めてくれなかった。あ~! 舐めてくれる男とエッチしたい」と悩んでもあまり意味がないのです。

おわりに

むかしは、といっても、ほんの20年くらい前は、楽しく気持ちいいエッチをする段どりが、男女の共通認識として世間にふつうに流布していたように思います。

すなわち、まず食事に行って、お酒でも飲みながら話をし、そののちにエッチするという流れが「ふつうのこと」として常識のように社会に存在していたのです。

今はネットの影響で「耳年増」な男女が増えたのか、みなさんいきなり「フェラの方法」とか「騎乗位の方法」とかをネットで勉強して体得しようとしますよね。人によっては「練習」していますよね。

それでは親が泣きますよ。(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?

恋愛・仕事・人間関係などなど、大人女子の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!

たくさんのお便りお待ちしております。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 女子がエッチを楽しめない理由とは?【ひとみしょうの男って実は...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。