大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月27日更新

「もう婚活に疲れた….泣」そんな時は一旦婚活から離れた方がいい4つの理由

婚活疲れ

結婚を目指すアラサー・アラフォー女性にとって、婚活はとても重要ですよね。でも、仕事や勉強とは違って頑張っても頑張っても成果がでないことも。そんなとき、「もう婚活なんて、やめたい…」と思ってしまいませんか?ここで続けるのではなく、焦る気持ちをおさえて一旦婚活から離れるべき理由をご紹介します。

失った自分の魅力を取り戻せる

婚活は、力をいれればいれるほどのめり込んでしまうという特徴があります。うまくいかないことが幾度となく続いても「ここまでがんばってきたんだから」「次はいい出会いがあるかも」とつい思ってしまって、辞め時がわからなくなってしまうのです。

 

そうなってしまうと、生活が婚活中心に動いていくようにもなってしまいます。何をするときでも「婚活のため」、女友達と遊ぶよりも結婚相手を見つけたい…。これはとてももったいない状態です!

 

今まで楽しめていたことを楽しめなくなったり後回しにしてしまうことで、もともと持っていた自分自身の魅力をみずから手放してしまうことになってしまいます。趣味が婚活になってしまった女性に魅力を感じる人は少ないでしょう。

 

まずは自分の良いところを再確認するためにも、婚活から離れて趣味や友人関係を充実させてみましょう。好奇心に従って行動しているうちに、そんなあなたを「いいな」と思う人が思いがけず現れる…なんてこともありますよ。

 

もし出会いには恵まれなくとも、キラキラした状態で婚活に向かえばきっとあなたと結婚したい男性は見つかるはずです。

条件で相手を探す癖を直せる

婚活のマッチングシステムを使うと、条件を設定してそれに当てはまる相手を探すパターンが多いのではないでしょうか。居住地や職業、年収、結婚後の生活スタイルなどデータ化された条件を確認し、条件に合う人とのマッチングを希望する人がほとんどでしょう。

 

この方法だと理想に近い相手を見つけるのがスムーズですし、結婚後の生活を考えるとできるだけパートナーとして上手くやっていけそうな人がいいというのももっともです。ただ、もっといい人がいるかもしれない、理想にぴったりの人を見つけたい、こんな人じゃないと生活は無理!とつい欲張ってしまって逆に結婚が遠のいてしまうことも。

 

案外、好条件の人を異性としても好きになれる確率はそれほど高くありません。学生の頃は「話していると楽しい」「見た目が自分の好みだ」という単純な気持ちから人を好きになっていませんでしたか?

 

そんな風にただ好きになった人がどんなに理想と離れていてもうまくやっていこうと努力することで視野が広がったり、今まで気づかなかった人生の楽しみ方が見つかることだってあるはずです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。