大人女子のためのWebメディア
検索
2020年01月28日更新

男子が「本命の彼女に言われて」キュンキュンした言葉4選

男子が「本命の彼女に言われて」キュンキュンした言葉

とある有名なマンガ家さんが「言葉で人を殺すことができる」と言っていますが、逆の効用も当然言葉は持っています。今回は男子が本命の彼女に言われてキュンキュンした言葉についてご紹介したいと思います。さっそく見ていきましょう!

1.「仕事ができるからかっこいい」

「彼女がぼくと付き合うことを決めた理由を『**君は仕事ができるからかっこいい』と言ってくれました。仕事ができる……これは最高に嬉しかったです」(27歳・広告)

 

一般的に言って、男は歳を重ねてくると、仕事ができるかお金を持っているか(あるいはその両方か)でないとモテないとされています。そういうことを若い男子も、なんとなく知っています。

2.「好き!」

「シンプルに彼女に『好き!』と言われたときが一番嬉しかったです。だって普段の会話で、『好き!』 ってあまり言わないじゃないですか」(25歳・飲食)

 

カラオケを歌いながら感じたことがある人も多いかと思いますが、好き! という言葉は、ほかのどんな言葉よりも相手を認めるパワーに溢れている言葉ですよね。

3.「はやく脱がせて!」

「彼女とエッチする時、『はやく脱がせてよ!』と彼女が言いました。すごく嬉しかったです」(25歳・IT)

 

エッチの時、男子は軽く緊張しています。このタイミングで、なにをどのへんまで脱がせたら彼女に悪く思われないのかな、と細かく気を遣っています。だから「はやく脱がせて!」は、男にとってキュンキュンする最高の言葉なのでしょう。

4.「あなたの好きにしていいよ」

「脱がせた後、『好きなようにしていいよ』と彼女は言います。もう最高にキュンキュンしちゃいます」(同上)

 

基本的には、男女ともに自分のことを認めてくれている発言をされた時にキュンキュンくる、というのが、言葉を商売道具にしている作詞家さんやマンガ家さんのご意見です。

エッチの時の「好きなようにしていいよ」は、相手のことを最高に認めている発言で、男子にとってはまことに嬉しいものです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。