大人女子のためのWebメディア
検索
2020年02月09日更新

男性がドン引きするセックス後のピロートーク5つ

エッチが終わった後、彼氏に腕枕をされながら話をするピロートークは幸せな時間ですよねぇ・・・。
でも、このピロートークタイムに気を抜いてはダメなんです。
女性はエッチが終わると気持ちがオープンになる人が多く、色々な本音を考えなしに彼に言ってドン引きさせてしまうケースがあるんです。
一体どんな話をすると、エッチ後の男性をドン引きさせてしまうのか。
今回は、男性がドン引きするセックス後のピロトークについてお話を進めます。

1. セックスのダメ出し

セックスした後に、「もう少しこうして欲しかった」とか「ちょっと今日早くなかった?」というようなセックスのダメ出しをする女性もいるようですが、このような会話はセックス後の男性をドン引きさせます。
男性としては、「じゃあ、やってる最中に言って」というイライラした気持ちになったり、逆に「俺のエッチじゃ満足できないんだ…」とマイナスに捉えて落ち込んだりしてしまいます。
悪気はなくても、エッチ後の男性の気持ちはフラットに戻っている事が多く、女性よりも冷静に言葉を受け止めて分析してしまうので、直後のダメ出しは避けるべき!
もしダメ出しをするとしたら、言葉をプラスに変えてセックスの前に言うのがベストです。
「今日は○○君にこんな事をしてもらいたいな」というような感じに言い換えると、喜んでやってもらえると思いますよ。

2. 結婚の話を持ち出す

セックス後、甘えついでに将来の二人について話してしまう女性も多いと思います。
もちろん、「今度○○行ってみたいな」というデートのお誘い程度なら問題ありません。
でも、「○○君とは3人子供欲しいな」とか「結婚したら○○に住みたい」というような話をされると、男性は急に気持ちがスッと冷めてしまうことがあるみたいです。
男性の中には、「いきなり重い!」「責任を取れといわれているようで、身震いした」という人もいましたよ!
将来的には結婚してもいいなと思っていても、それが今すぐではない場合、彼女の強い結婚願望に逃げ腰になってしまう事もあります。
彼と結婚したいと思っているのならなお更、セックス後の結婚話は避けたほうが良いでしょう。

3. 過去の暗い恋愛遍歴を語る

冒頭でも少しお話しましたが、女性はセックス後に開放的になって、「自分の全てを知ってほしい」という気持ちになりやすいです。
そういう気持ちから、過去の辛い恋愛経験などを彼に聞いてもらおうと一人で話し始めてしまう女性も結構いるようです。
「一番最初に付き合っていた彼氏が暴力を振るってね」とか「ギャンブル好きな男が私の貯金を持ち逃げした」なんて暗い過去を語ると、男性は気持ちが沈みせっかくのピロートークタイムが台無しになってしまうことも。
「こんな過去がある女なのか…」と彼女のことを受け止めるのが怖くなり、一緒にいて大丈夫なのか?と心配し始める男性もいるようですよ。

4. 会話を笑いに持って行く

セックスが終わった直後、急に恥ずかしくなって会話を全て笑いに持っていってしまう女性に男性はドン引きしてしまうといいます。
「お互いにテンションが高くて盛り上がるというのならいいのかもしれないけど、彼女だけテンションが高く、おちゃらけた感じだとなんだか萎える」という男性の意見も出ていました。
何を話していいかわからなくなると、焦って友達の失敗談や自分のドジ話などの笑える話をしたくなる気持ちもわかります。
でも、男性はセックス後はちょっぴり静かにしてもらいたいというのが本音なので、頭を撫でてあげたり、腕の中で静かに甘えているだけでも十分幸せだと感じるはずですよ。

5. あれこれ指示を出し始める

母性本能が強い女性だと、セックスが終わるとあれこれ指示を出しちゃう女性もいるみたいです。
例えば「早くシャワー浴びてきなよ」とか「お布団ぐちゃぐちゃだから直そう」とか「パンツくらい履きなよ」などの言葉がけをしてしまうことです。
確かに、セックス後に裸で寝ていたら風邪を引いちゃうかもと彼を心配するの気持ちもわかりますし、セックス中の彼が可愛くて母性本能が沸き、お母さんみたいな気持ちになってしまうのもなんとなくわかります。
でも、男性の意見の中には、お節介な言葉をかける彼女に対して、「母親に色々言われているような気持ちになって引いてしまった」というものがありました。
このようなお節介はセックスの後には不要なのかもしれませんね。


今回は、男性がドン引きするセックス後のピロートークについてお話をしていきました。
基本的にピロートークは二人が安心してゆったりと過ごす状態になるのがベストです。
ですから、会話を多くしなくても彼の腕につかまって甘えているだけで言葉はそれほど必要なかったりするものです。
下手な事を言って、彼をドン引きさせるくらいなら、「好き」とひとこと言いながら黙っている方が正解なのかもしれませんね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。