大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 挿入するけど射精しない彼氏になんて言えばいい?【ひとみしょう...
2020年03月20日更新

挿入するけど射精しない彼氏になんて言えばいい?【ひとみしょうのお悩み解決】

ひとみしょうのお悩み解決

“【お便り募集】文筆家ひとみしょう お悩み解決” に送っていただいたお悩みの中からひとつピックアップしてひとみしょうさんがお答えしていきます。

「メイさん39歳」のお悩み

どうして不毛な恋ばかりするの?不倫しかできない女性の深層心理画像

はじめまして。たくさんのコラムの中から、筆者を見ずに読んでもピンとくるくらい、ひとみしょうさんのコラムが大好きです。掲載されなくても読んでいただけたら嬉しいという気持ちで書いております。一般的な女性のお悩みの参考にはならなさそうだと自分でも思うので(笑)

 

私はアラフォーの子持ちの主婦です。主人とは多少の不満はありつつも円満ですが、秘密の彼氏と3年以上お付き合いを重ね、たまに別の男性とも会ったりしています。

貞操観念はお察しのとおりです。ここ2年くらいの期間で何人か「挿入はするけど射精しない」男性にお会いしました。彼らは全員、私に快楽を与えることのみを追求するという共通点があります。20代から40代までと年齢も幅広く、全員機能的には射精も可能だそうです。

私の名誉の為に申し上げておきますが、私のアソコの具合の問題ではありませんし、避妊が目的でもありません。

私は男性にも気持ち良くなって欲しいので、むしろ射精して欲しいのですが、それを伝えても、イキそうになると一旦抜いて指や口を使うのを繰り返して、私が何十回も気持ち良くなってグッタリしたら終わりです。

全員また会いたいとおっしゃるし、普段から連絡がマメなので、私や私とのベッドの内容には不満がないのだと判断しています。

1人くらいなら、そういう性癖の人もいるんだな、と納得しますが…短い期間に何人もいて、困惑しています。私が今までたまたまお会いしたことなかっただけで、わりとよく居るタイプの男性なんでしょうか?

彼らが心から楽しんでいるのは理解していますが、できれば普通に射精してほしいと思ってしまいます。でもこれは言わないほうが良いのでしょうか?

〜ひとみしょうのお悩み解決コラム〜

彼らは、自分が気持ちよくなることを追求する人たちではなく、女性が気持ちよくなっているのを見るのが好き(女性を気持ちよくさせている自分が好き)な人たちだということです。

 

20代の彼のことはよくわからないんですが、30代後半から40代にもなれば、自分がイク快感を味わうことがどうでもよく思えてくるのです。

それより、美しい女性が自分のテクでイっているのをこの目で間近で見たいと思うようになるのです。

あるいは、女性を気持ちよくさせている自分のことが、自分で好きになってくるのです。

 

対して女性は……30代も後半に入ると、中でイってほしいと懇願してくる女性がいますね。

男性のモノが中でヒクヒクしている感覚を味わいたいとか、いろんな理由があると思うんですが。

ふつうに射精してほしいと言ってもいいです

セックスでの感度を上げるために実践したい4つ画像

彼らに、ふつうに射精してほしいとお願いしても全然OKです。

なぜなら、彼らは「すべてを」わかっているからです。

だから、極端にいうと、メイさんは彼らになにをお願いしても全然OKなのです。

 

すべてをわかっている彼らですが、おそらく、唯一、欠点があって、それは「女性の中でイケない・イキづらい」体質になってしまっているということです。

年齢的なことや精神的なこと(仕事のことが頭から離れず、セックスに集中できない)、あるいは豊富すぎる経験が、中でイケない体質にさせてしまったのです。

 

きっとメイさんもお盛んな女性だから、メイさんのお相手もお盛ん(だった)でしょう。

お盛んな男は、刺激に慣れてしまっています。

メイさんの器やハダカに魅力を感じないとか、そういうことではないんです。

これまでに多くの刺激を受けすぎて、もう、ちょっとやそっとの刺激ではイケない体質に変わってしまったのです。

それは誰が悪いわけでもないです。

単純に、人間はある単一の刺激を与えられすぎると(閾値(いきち)を超えると)、それに慣れてしまう性質をもっているというだけの話で、メイさんがなにか悩むとかそういう必要のない話です。

世界史に残っている王様のように・・・

お盛んな男というのは、世界史に残っている王様のように、本当にお盛んに遊んできたはずです。

女子はなぜかお盛んな男をその嗅覚で嗅ぎ取り、彼女がいると言うその男と寝ようとしますよね。

モテる男は、何回か女子の誘いを断るんですよ。でも、嗅覚で嗅ぎ取った女子は、その男と寝るまでずっと彼に色目を使いますよね?

だから彼は彼女と寝ます。

というのが何年にもわたって繰り返されるのが、モテる男の人生です。

そういう男はどうなるのか?

その竿で女性を何回でもイカせる能力を持つようになります。だからメイさんはその意味ではとても幸せな女性だと言えます。

同時に、中でイキづらい体質になってしまっているので、フィニッシュは手や口でお願い! と言うようになります。場合によっては、自分でシゴいてイクから乳首舐めててよ、と言うようになります。

それを性癖と呼ぶ人もいれば、端的に変態と呼ぶ人もいます。

だから彼らは、メイさんから離れないのです。

メイさん以外の、たとえばあまり経験のない女子に、「おれ、中でイキづらいんだよねえ。だからイキそうになったら抜くから、あとよろしく!」と言っても、話が通じないからです。

おわりに

自分がイク快感だけのためにセックスする「下級」男子より、女性をイカせるのが好き、女性がイクのを見るのが好き、美しいものを愛でるのが好きという「高級な」男のほうが、ぼくはいいと思います。

でも、たまには「ねえ、中でイってよ。中でイっているのを中で感じたいから」と言うといいです。

彼らはきっと、万障繰り合わせの上、がんばってくれると思います。(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?

恋愛・仕事・人間関係などなど、大人女子の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!

たくさんのお便りお待ちしております。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 挿入するけど射精しない彼氏になんて言えばいい?【ひとみしょう...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。