大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】出会っても彼氏にならない!どうしよう。

【女子のばんそうこう】出会っても彼氏にならない!どうしよう。

 

 

今回は久しぶりにおたよりにお答えする回です!

 

★22歳が最後で彼氏が居ません。男性が居ない職場なので職場では彼氏が出来なくて、BAR行ったりクラブ行ったり、相席屋さん行ったり色々試してみました。最近ではマッチングアプリも使ってます!デートはするけど、付き合うまでには行きません。はたまたワンナイト狙いの人も多く、まともな恋愛をしたいのに、、周りは彼氏が出来て幸せそうです。焦ったらダメとは思うんですが彼氏が欲しいです。他に彼氏が出来る方法があるなら知りたいです!!(こゆぴ 25歳)

 

こゆぴさんこんにちは!おたよりありがとうございます。
うん、彼氏欲しいですよね。周囲も幸せそうだったりしたら余計、焦ってはいけないと分かっていても「私の彼はいずこに…」ってなりますよね。
でもこゆぴさんは「女性ばかりの職場→出会いなくて困る!」で思考停止することなく、さまざまな場所へ出会いを求めて動いていて素敵だと思います。色んな場へ飛び込んでみる。知り合ってみる。これは機会を増やすためにめっちゃ大事!というわけで、こゆぴさんには私から2つの再確認をしたいと思います。

釣り糸を垂らすのはそこでいいのか?

おたよりに書かれている場が全てではないかもしれませんが、「BAR」「クラブ」「相席屋」…確かに男性との出会いは確実で数も多い。でもこれらは果たして「彼氏と幸せに暮らしたい私」が釣り糸を垂らす漁場としてふさわしいでしょうか?
これらの場所は、パートナーはパートナーでも「今宵限りのパートナー」を求めてる人たちが数多い場所でもあります。そんなワンナイト狙いのお魚がガンガン泳いでるところに糸を垂らすのはリスキー過ぎやしませんか。「マッチングアプリ」は最近多くの人がやっているし、私の男友達でもそれで彼女を見つけた人は何人もいます。だけどこゆぴさんがデート止まりになってしまうなら、そこもまた、いまいち合わないのだと思います。
「男性とつながりやすい場」というのはアリですが、「男が女を物色している場」というのは、釣り糸を垂らすにはデカすぎ&ヤバい魚多すぎ、なのです。まずは「真面目に普通にコミュニケーションしてくれる男性のいる場」「私の望む男性がいそうな場」などを吟味することが大事だと思います。

 

【女子のばんそうこう】出会っても彼氏にならない!どうしよう。

「彼氏オーディション」目線でいいのか?

そしてこゆぴさん、「デートはするけど付き合うには至らない」とありますよね。詳細が分かりませんが、もしかして目の前の相手を「この人は彼氏に適しているかどうか」でジャッジしていませんか…?「彼氏欲しいんだからあったりまえじゃん!」と思うかもしれません。でも出会った男性を「彼氏にすべきか否か」で振り分けていくの、私は結果的にソンだなと思っているのです。
例えば「親友」って、それなりの年月とさまざまな付き合いの歴史を重ねた結果そうなっていきますよね。最初から「親友にふさわしい人」を探したりしませんよね。「彼氏」もそれと同じじゃないかなと思うんです。
「彼氏を探す」となると、おのずとハードルは上がります。友達なら全く気にならないことも、彼氏オーディションでは即マイナス点がついてしまう。これはもったいない。

 

では、上記2点を踏まえてどうするか。かつてこの連載で「『出会いがない』はもう禁句。世界をちょっぴり変えるコツ」
というのを書いたのですが、この中の②以降にトライするのはどうでしょう。つまり「職場と飲み会以外の趣味やコミュニティを持つ」「まずは男友達を増やす」ってことです。
色恋抜きで気楽に趣味の話などできる友達(男女問わず)との場が広がれば、その背後には「友達の友達」という輪がぶわーっと広がります。また、最初は意識することなく接していた男友達の中に、思わぬ魅力を見つける可能性もあります。夜のノリより陽の光。色恋より趣味と友情。減点法より加点法。そんな雰囲気で接することができる男性をどんどん増やしてみてはどうでしょう。すぐに彼氏に昇格はしないかもしれないけど、長い目で見るとこゆぴさんの財産になるような気がします。

 

 

「女子のばんそうこう」にお便りください!

コラムに対するご感想、ご意見、共感、お悩み、相談、私の恋愛事情、男について女について、こんどうあゆみへのメッセージ…どんなことでもOKですのでお気軽にどうぞ!
(おたよりは掲載する場合もありますのでペンネームを添えて下さいね)

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】出会っても彼氏にならない!どうしよう。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。