大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月01日更新

〇〇が合うと安心!カップルが長続きする3つのツボ

カップルが長続きするツボ

「相性が良い」「相性が悪い」という言葉をよく耳にしますね。付き合ってみたものの「なんか結局、相性悪くて…」と別れてしまった…という経験をした人も多いでしょう。ひとくちに相性といっても、さまざまなものがあります。Hの相性、食べ物の好き嫌いが合う合わない…といったことは定番ですね。

その他にも長続きするカップルが、実は気付いていない相性の良さというものがあります。この相性、つまりツボが合えば、安心して付き合える!そんなツボをご紹介します。

笑いのツボ

友だち同士で「笑いのツボが合う」というのはよく感じるかもしれません。何かを話していて「この人の話はおもしろい」「いつも笑える」という経験はあると思います。カップル同士こそ、この笑いのツボは大切です。いつもいつも笑い続ける必要はありませんが、一緒にいるときに全く笑いのツボが合わないというのもなかなかツライものです。

 

「今日こんなおもしろいことがあってね…」と話はじめたものの「…あー、それのどこがおもしろいの?」「ごめん、全然笑えないけど」といった返しがきたらがっかりですよね。

反対に一緒にテレビを観ていて大爆笑している彼氏に対して「こんなことで笑えるんだ…」「あーなんかバカバカしいな」と感じてしまったら、しらけてしまい、一緒に居続けるのはツライかもしれませんね。

 

意外とこの笑いのツボが合うか合わないかで、一緒にいる時間の幸福度が左右されます。長続きするカップルは、この笑いのツボが自然に合っているケースが多いものです。笑いは自然とこみあげてくるものなので、ツボを合わせることは難しいかもしれません。しかし、相手が楽しそうにしているときはその感情に合わせる努力は必要かもしれませんね。

「お金」のツボ

お金のツボというと不思議な感じがするかもしれません。金銭感覚というのがピンとくるでしょう。コンビニの商品、ネットで見たバッグ1つ取っても「高い」と感じるか「安い」と感じるかは人それぞれです。生活の中で、何が必要か不要かという違いも人それぞれです。そのツボが外れると「なんでこんなモノにお金かけるの?」「ケチケチするのやめてよ」と小さな不満につながります。小さな不満は積み重なると、破局につながる大きなストレスにもなりかねません。

 

それぞれお金をかけるツボというものがあります。食事にお金をかける人、車や洋服などにお金を使いたい人、また使わずに貯めておきたい人もいます。それぞれの使い途、使う費用についてあまりにも理解できないパターンだと難しいかもしれません。

ふだんの食事は質素でもクリスマスなどのイベント、誕生日などの記念日にはお金をかけたい!と思う2人なら「ツボ」は合っているといえるでしょう。こんなカップルなら安心してお付き合いをすることができます。何事にも「ここはお金をかけたい」「それはもったいない」と相手のお金の使い方に干渉する、もしくは干渉されるのなら長く付き合うにはハードルが高くなりそうです。

 

お互いのお金のツボはどこにあるのか?をきちんと理解すること、そしてそのツボが自分にとって許せるツボなのか?どこまで許せるのかを把握しておくことが、長く付き合う上では重要となります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。