大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月02日更新

セックスでの感度を上げるために実践したいこと4つ

セックスでの感度を上げるために実践したい4つ画像

「彼とセックスしてもイマイチ感じない……」とお悩みの女性へ、今回はセックスで感度を上げるために実践したいことをご紹介します。今よりもセックスで感じたいという人はぜひ参考にしてみてください。

食べ物で恋愛ホルモンが出る!?

セックスで感度を上げるためにもまず恋愛ホルモンを出しましょう!恋愛でドキドキするのはフェニルエチルアミン(PEA)が関わっていると言われています。

そのフェニルエチルアミンが活性化されると女性ホルモンのひとつエストロゲンや、快楽物質であるドーパミン、愛情ホルモンとも言われるオキシトシンなど、恋愛に関するホルモンが分泌されるんだとか。

フェニルエチルアミンを多く含む食材としては赤ワイン、チーズ、チョコレートなどがあげられます。彼とセックス前、デートで赤ワインを飲んでチーズやチョコレートを食べると気持ち感度が上がるかもしれませんよ!?

じっくりキスやハグをする

たいした前戯もなく、いきなりセックスって心の準備もできてないし、気持ちもそう高ぶってないから、胸やアソコを触られても気持ちよくない…ということないですか?

シャワーを浴びて、ベッドに入って、セックス…という流れ作業のようなセックスではイケないし、気持ちよくもないし、満足感も足りないという女性は感度を上げて気持ちよくなるためにも、キスやハグなどをじっくりして体温を上げていきましょう。

ただ髪の毛撫でられているだけ、抱きしめられて頬やおでこにキスされてるだけでも結構体の無駄な力が抜けてリラックスできます。触れ合いがあってからのセックスの方が断然感じるし満足感もあるはず。

自分が感じると自然に相手にもそれが伝わって、お互いがすごく気持ち良くなるのです。

音楽をかける・間接照明をつける

セックスで感度を上げるにも雰囲気はすごく大事です。無音の中でするセックスも集中するには良いですが、たまにはジャズやリラックスできる音楽をBGMとして流してみるのも、感度を上げるにおすすめです。

また灯りも大切なポイントです。女性の中には「真っ暗じゃないとイヤ!」という人もいるでしょう。

たしかに真っ暗だと視覚が遮られて、聴覚、嗅覚、触覚などに神経が集中して、敏感になるということもありますが、終始まったく相手が見えないのも少し寂しいもの。

セックスの雰囲気作りには、蛍光灯など明るい光ではなく、間接照明などでやんわり部屋を明るくするのがいいでしょう。

目隠し・場所変え

感度を上げるためにあえて目隠しをしてセックスするのも効果的です。目が見えないと他の感覚が鋭く敏感になるので、感じやすくなりますよ。

最初から部屋を真っ暗にするよりは、セックスの途中で目隠しする方が楽しめるはずです。

またセックスをする場所も、いつもベッドというカップルもいるかもしれませんが、たまにはベッド以外でセックスするのもマンネリ解消にもなりますよ。

お風呂などでお互いボディーソープで体を洗い合ったり、鏡の前でセックスするのも普段のベッドの上とは違う刺激を感じて盛り上がるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

性の悩みやナイトライフについて紹介していくGrapps公式アカウントです。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。