大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 本当に彼で大丈夫…?結婚してもずっとラブラブでいれる男性の条...
2020年03月04日更新

本当に彼で大丈夫…?結婚してもずっとラブラブでいれる男性の条件とは

本当に彼で大丈夫…?結婚してもずっとラブラブでいれる男性の条件とは

彼との仲がラブラブでも、結婚してからもそれが続くかはわかりませんよね。今回はそうした不安を解消すべく、結婚後に二人の仲をラブラブなまま維持してくれる男性の条件について解説していきます。

有給休暇を使える男性

自分だけでなく、男性にもたくさん稼いでもらって二人が安心して暮らせる収入が欲しいというのも大切な事ですが、そのために予定のすべてを捧げてしまう男性とは結婚後に関係が冷え切ってしまう危険性が高くなってしまいます。

二人のデートや結婚記念日、誕生日といったお祝いが仕事で潰れてしまう危険性が高いというのももちろんですが、一番重要なのはキツい時に休めない人だと心の余裕を失いやすいという点です。

人は自分が追い詰められていて余裕がない時に、誰かに優しくするのはとても難しい生き物です。誰かに優しくするためにはまず自身の心の余裕が必要であり、有給休暇を使える男性であれば必要な時に休みを取り自分の体調をベストに保つ事ができるでしょう。そのため日頃から心に余裕があるので家庭のことや自分の妻のことに注意をはらいやすく、優しく接してくれるため夫婦仲が良好な状態に保ちやすいのです。

役割に拘らない男性

例えば家事などの当番を決めていたとしてもあまりそれに拘らず手伝ってくれたり、代わりにさっと済ませてくれるような男性は結婚後の生活でもラブラブで仲睦まじいままでいられる可能性が高いです。

結婚後に夫婦仲を壊してしまう原因として多いのがこの役割の問題で、当番を守らなかった時に責めたことで夫婦げんかに発展し、二人の仲が修復できなくなるケースが多いのです。役割を気にせずどんなことでも二人のこととして考えてくれる男性であれば、当番をうっかり忘れても問題に発展しにくいですし、あなたもそんな良くしてくれた夫に対して同じ様にいざという時に手伝ってあげることがしやすくなるでしょう。

恥ずかしくても気持ちを伝えてくれる男性

男性は女性に対してときめいた時は愛情がぐっと高まりますし、付き合いたての頃であれば頻繁に「大好きだよ」と言葉にしてくれるのでとても分かりやすいのですが、結婚すると言わなくなってしまいます。しかし、好意を伝えるというのは何もない平凡な日常でさえ刺激的で幸せな気持ちにしてくれるとても手軽で簡単に使えるカンフル剤なのです。

男性の多くは「今更言わなくてもわかってるはず」と考えてしまいますし、言うことの恥ずかしさも手伝って次第に好意を口にしなくなりますが、恥ずかしくても好意を口に出してくれる男性であればいつまでも胸をときめかせてくれる可愛い夫になってくれるはずです。好意を言われる事で出る喜びや、やる気は思っているよりもずっと強力なので、結婚後もラブラブでいたければ非常に重要な要素と言えるでしょう。

大切なのは心の余裕と気持ちを伝える素直さ

夫婦関係の不和は多くの場合、夫婦が二人とも心の余裕を失ってお互いを傷つけ合う事から起こります。

そのため休みをしっかりと取れたり、愛情表現をいつもしてくれる男性とはケンカが起きにくく、いつまでもラブラブなまま暮らしていけるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 本当に彼で大丈夫…?結婚してもずっとラブラブでいれる男性の条...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。