大人女子のためのWebメディア
検索
2020年04月04日更新

その一言NGです!男性に絶対言ってはいけない言葉6選

その一言NGです!男性に絶対言ってはいけない言葉6選

悪気がない言葉でも相手の男性は傷ついている場合があります。そんな男性を傷つけてしまうような絶対に言ってはいけない言葉を紹介していきます。その一言が男性を知らずに傷つけているかも?

悪気なくついつい言ってしまう言葉

・「おもしろくない」 

男性は女性やその場を盛り上げるために色々な話題や面白い事を言ってあなたを笑顔にしようとしています。そんな時「面白くない」の一言で男性はすごく傷つきます。頑張って盛り上げようとしてくれている男性を、もう少し暖かい目で見てあげれるといいですね。

・「かわいい」 

男性はオシャレや外見などにこだわりを持っている人が多いです。男性はカッコイイと言われると喜びますが、「かわいい」と言われると傷つきます。女性側は褒め言葉として使ったとしても、相手の男性は男として見られていないと思うのです。

プライドを傷つけるような言葉

・「お酒弱いんだね」 

飲み会や二人でお酒を飲んでいるとき、顔を真っ赤にしている男性に「お酒弱いんだね」などと言うのもNGです。お酒が弱い男性は自分がお酒に弱い事を自覚している事が多く、コンプレックスと思っていることも少なくないでしょう。女性に悪気はなくてもお酒が弱いと言われると、男性は「男の癖に」と自分を否定されているように感じてしまうのです。

・「それでも男」 

「それでも男」という言葉もまた、自分を否定され理解してもらえていないと思い男性は傷つきます。男性が優柔不断なときや、ウジウジ悩んでいるときなどに女性がつい言ってしまいがちな言葉です。責めるのではなくさり気なく導いてあげれるのが理想です。

上から目線の言葉

・「そんな事も知らないの」 

男性との会話の中で自分が知っていて男性が知らないことがあったとき、「そんな事も知らないの」と上から目線の言葉を使っていませんか。この言葉は男性に限らず敵を作る言い回しの言葉です。無自覚で使っている可能性もあるので注意しましょう。

・「どっちが大事なの」 

彼氏の仕事などが忙しくて会う時間が中々取れない場合に「仕事と私どっちが大事なの」という言葉は絶対に使ってはいけません。会いたい気持ちはわかりますが、我慢しましょう。子どもっぽい女性、めんどうくさい女性だと思われてしまったり、男性の気持ちを傷つけてしまう事もあります。

もう一度自分の使っている言葉を見直してみましょう

男性は些細な事で傷ついてしまいます。また、悪気なく使った言葉が男性のプライドを傷つけてしまう事もあるので、もし男性とよく喧嘩をしてしまう方や、少しでも身に覚えのある方は一度自分が普段何気なく使っている言葉を見直してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。