大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「ワンオペ家事・育児」を避けるための結婚相手の選び方とは?
2020年03月10日更新

「ワンオペ家事・育児」を避けるための結婚相手の選び方とは?

ワンオペ家事・育児にならない結婚相手の選び方3. 家事分担について聞いてみる

「ワンオペ家事・育児」を避けるための結婚相手の選び方とは?3画像

相手が家事に対してどういった意識を持っているのか探るために、結婚前から家事分担について話し合っておきましょう。

 

家事の分担の話を嫌がるようであれば、結婚後に家事を進んでする見込みはほとんどないと言えます。家事について建設的に考えられて、乾燥機や食器洗い機、ルンバなど、家事時間を短縮できる機械の取り入れに前向きな男性を選びましょう。

 

また、ある程度収入がある世帯になりそうな場合は、家事代行やベビーシッターなどの利用についての意見も聞いてみましょう。「ふたりとも忙しいし、家事代行やベビーシッターを取り入れながら、ふたりで分担して家事をしていこう」という意識の男性であれば、結婚後にワンオペ家事・育児に追い込まれる可能性は下がります。

 

結婚前にしっかりと見極めましょう。

さいごに。人選は大切! 仕事を続ける女性は、家事が分担できる男性と結婚しよう

今回は、ワンオペ家事・育児にならない結婚相手の選び方について紹介してきました。

 

共働き夫婦の場合、家事はふたりで分担して行う必要があります。家事を女性に任せたいという男性と、結婚後も仕事は続けたいという女性が結婚したら、ワンオペ家事は避けられません。外でも家庭内でも働き詰めの生活を避けたいなら、「家事分担を行える大人な男性」を選ぶ必要があるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「ワンオペ家事・育児」を避けるための結婚相手の選び方とは?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。