大人女子のためのWebメディア
検索
2020年04月07日更新

友達以上になりたい!彼に告白を決意させる3つのワード

友達以上になりたい!彼に告白を決意させれる3つのワードとは

「友達以上の関係に進展したい」そういう微妙な距離感の時ってありますよね。今回は、そんな微妙な距離感の男友達に「告白しよう」と決意させられる実用的なワードを3つ紹介します。

「わたし〇〇な人好きなんだ」

男の人は「自分のこと好きかも?」と思わせられるワードに弱い傾向があります。そのため「わたし〇〇な人好きなんだ」と彼の特徴を持っている人が好き、という間接的に好意を伝えるワードが効果的です。

この時、彼という人間を構成する要素のなかでも核心をつきすぎない特徴の方がいいでしょう。「もしかして俺のことが好きなのかな?」と思える絶妙なニュアンスのものがおすすめです。こういうワードは小悪魔チックに聞こえるので効力がありますが、使いすぎは禁物です。

彼の心のツボにハマりそうなタイミングでいうことでより効果を発揮することができます。彼に「もし告白したら付き合えるかもしれないな」と思わせることができれば、告白を決意してくれる可能性は大です。

「似てるよねor合うよね」

人間はそもそも人と共通点を見つけるのが好きな生き物です。あなたも彼と考え方や価値観が似てると思ったときは嬉しかったのではないでしょうか。それは相手も同じはずです。

特に彼が重要だと思っている価値観や考え方に共感した時に使う「似てるよねor合うよね」のワードの効力は凄まじいものがあります。深い部分で共感し合えた経験は彼にとって「この先一緒に居たら楽しいかもしれないな」「もっと一緒にいたいな」と告白の決意をつくるきっかけになるはずです。

ちなみに考え方や価値観でなくても、好きな食べ物や趣味でも共感できるところは、どんどん言葉にしていくことをおすすめします。そうした小さな共感の回数は、きっと彼の心に「告白してみようかな」という決意の芽を育ててくれるでしょう。

「ありがとう」

3つ目は彼になにかしてもらったときや何気なく気遣いをしてくれたときに「ありがとう」「嬉しいよ」と感謝の言葉を伝える感謝系のワードです。もしかしたら当たり前のこと過ぎてピンと来ないという人もいるかもしれません。たしかに感謝系のワードというのは、小悪魔系のワードに比べて一回の効果はあまり大きくない傾向にあります。

しかし、ちゃんと毎回伝えることでじわじわと効果を発揮するのが感謝系ワードの特徴です。人によって差がありますが、告白を決意する側というのは、なにも1回のインパクトの強いワードだけで決心するわけではないからです。

毎回しっかりありがとうを伝えるあなたに、彼は少しずつ暖かい気持ちになってくれることでしょう。その温かさは、彼を告白の決意に導いてくれる灯火のような役割を果たしてくれるはずです。

相手に合わせたワード選びが大切

どのワードが効果的かどうかは相手によって変わってきます。またワードを使うタイミングや言い方も工夫してみるとより効果的です。ですが、難しく考えずにあなたの純粋な気持ちを乗せられるワードを選ぶことが重要なのです。

純粋な思いを乗せたワードは、きっと彼の告白を決意させる気持ちを後押ししてくれるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。