大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男友達を彼氏にしたい!付き合うこと前提の男性への注意点
2020年03月21日更新

男友達を彼氏にしたい!付き合うこと前提の男性への注意点

20代前半のこと1相手の知りたいことがたくさんある

男友達を好きになり、でも進展できなくて悩む女性が一体どれだけ多くいることでしょうか。これはまさに恋のあるある…今の関係が壊れるのを怖れてその恋を諦めた女性も少なくありません。さて、あなたがこれから男性と友達になろうと思っているなら、この先その男性を好きにならない自信はありますか?

自信があるなら何も問題はありません。しかしその自信がない、もしくは元々男性との進展を目的に友達になろうとしているなら、友達としての付き合い方を考えた方がいいでしょう。「結婚前提の付き合い」なんて言葉がありますが、男性を「付き合うこと前提の友達」として考えた場合、そこにいくつかの注意点が見つかります。

女性らしさを欠かしてはならない

これから男性と友達になろうと思っているなら、友達になってからも欠かしてはならないのが「女性らしさ」です。友達からの進展が難しい場合に多いのが、男性が女性を女性として見ていないケースであり、それはこれまで友達として付き合ってきた中での女性の言動に原因があるのです。

 

男性に女性として見てもらえない以上、女性はそう見てもらうための方法を考えます。しかし、その実践はこれまでの女性の言動と比較すると明らかに不自然な変化になり、そのため女性も実践することに躊躇するでしょう。そんな状況に陥らないための絶対的な方法…それが「女性らしさを欠かさないこと」です。

(1) 何でも話せる関係を築かない

何でも話せる恋人同士は確かに理想ですが、あくまでそれは恋人同士の男女に言えることで、友達同士の男女がそうなると行きつく先は親友です。また、何でも話せる女性の友達は男性にとって貴重な存在ですから、現状の関係に満足してしまい、進展することを考えもしなくなるでしょう。

 

ですから、未来の進展を考えて男性と友達になるのであれば、何でも話せる関係を築いてはいけません。友達であっても女性らしく振る舞い、男性にあなたが「友達」である以前に「女性」である認識を植え付けておきましょう。間違っても、男性が堂々と下ネタを言えるほどのオープンな関係を築かないでください。

(2) オシャレを手抜きしない

男性の視点で本音を言えば、かわいい女友達はやはりかわいく見え、いくら友達でも密着すればドキドキするものです。そして、そんな男性の本音が分かった以上、やってはいけないのがオシャレの手抜きであり、オシャレはするだけでそこに女性らしさを感じさせる効果があります。

 

「あなたの前だと飾らずに素の自分でいられる」と男性に言う女性がいますが、これもまた恋人同士だからこそ男性への褒め言葉になるのです。友達同士で言ってしまうと「あなたを男性と見ていない」と受け取られる可能性が高く、男性もまたあなたをただの友達…つまり女性として見なくなってしまいます。

友達関係の期間は未来の恋に向けた準備の期間

進展を視野に入れて男性と友達になるなら、友達になったところでその男性との関係は完成ではないですね。関係の完成はその男性と恋人同士になることであり、友達関係の期間はそんな未来の恋に向けた準備期間になるのです。そして準備期間だからこそ、文字どおり必要な準備がそこにはあるのです。

 

では、具体的に準備期間に必要な準備とは何なのでしょうか?…これは大きく言うと二つあり、一つは告白する準備、もう一つは付き合ったことを想定した準備です。告白する準備によって告白する状況を作りやすくなり、付き合ったことを想定した準備によって付き合った後の気まずさを解消できます。

(1) 友達として付き合う期間を区切る

これは自分への戒めで、一旦男性と友達になるとその関係が続き、例え進展を考えても「いつかそうなるといいな」と漠然と望むだけになりがちです。しかし、友達関係の時期は未来の恋に向けた準備期間、そう自分に戒めるためにも友達として付き合う期間は自分の中で区切っておきましょう。

 

例えば現在11月だとして、今年中に進展するため友達関係は12月までと区切った場合、区切ったことで告白に向けて様々な駆け引きを仕掛ける行動を起こせますよね。一方、こうした区切りをしなかった場合、何事もなく11月と12月を過ごしてしまい、期間を区切った場合に比べて一向に進展できないのは明らかです。

(2) 男性を下の名前で呼ぶ

男友達と付き合った時に意外と困るのが名前の呼び方で、例えばその男友達を名字で呼んでいた場合、付き合ってから名前で呼ぶのが極度に恥ずかしくなってしまう女性がいます。これに不満を持ちやすいのが男性で、付き合っているからには名前で呼ばれたいものなのです。

 

ですから、付き合う未来を想定して友達関係の時から男性を下の名前で呼ぶことをおすすめしますし、そもそも下の名前で呼び合う仲になればそれだけ親しくもなれるでしょう。また、付き合う未来を想定すれば進展も本気で考えるようになり、心理的に自分を奮い立たせる効果も期待できます。

 

 

男友達との進展が難しいのは、単に友達から恋人への進展が難しいわけではなく、その原因は友達としてのこれまでの過ごし方に原因があるのです。このため、これから男性と友達になろうと思っている女性はその点に注意する必要があり、未来の進展を見越した付き合い方をしなければなりません。

 

基本は女性らしさを欠かさないこと…友達を女性として見られないのは男性心理のあるあるで、これはその対処の意味を持っています。そして友達関係の時期を未来の恋に向けた準備期間として捉えること…これは進展を目指す自分自身への戒めにもなり、簡単に言えば頑張る力が得られるのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男友達を彼氏にしたい!付き合うこと前提の男性への注意点
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。