大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月19日更新

自宅でセックスとホテルでセックスの違いがもたらす影響

セフレだったのに本気になっちゃった…セフレの本命の彼女になる方法5つ

セックスする時、その場所は自宅かホテルの二択になることがほとんどです。最も、この二択を迷って選ぶ女性は少なく、どちらの場所でセックスするのかはライフスタイルで決まることがほとんどでしょう。一方が独り暮らしならお金がかからないこともあって自宅、お互い実家暮らしの場合や遠出した時などは必然的にホテルになりますねよ。

ただ、自宅でもホテルでもセックスできる状況であれば、使い分けるのもおすすめです。なぜなら、自宅とホテルでは環境が異なり、その環境の違いがお互いの心に影響をもたらすからで、環境を変化させることがセックスの悩みを解決するきっかけになるかもしれません。

自宅でのセックスがもたらす影響

自宅でセックスできる環境にあるなら、当然のように自宅でセックスするカップルが多いでしょう。何しろ、ホテルに行けばお金がかかりますから、どちらにしてもセックスする場所のメインは自宅になりますね。

最も、これは当然のことであり、ですから自宅でセックスすることには全く問題ないですし、それならではのメリットも得られます。ただ、ホテルを一切利用しなければそこにデメリットが生まれることもまた事実です。

(1) 自宅でセックスするメリット

自宅でセックスするメリットは安心感を得られることです。仮に彼氏があなた以外の女性とも付き合っており、なおかつその女性が本命だとしたら、あなたと自宅でセックスすることは致命傷になるでしょう。ですから、自宅でセックスする時点で彼氏にはそんな裏の顔がなく、あなたを本当に好きなことは間違いありません。

 

逆に言えば、自宅でセックスするのを嫌がる彼氏は疑った方がいいでしょう。また、自宅でのセックスは寝室こそホテルの豪華さには及びませんが、シチュエーションに凝ったセックスが可能です。例えばキッチンやソファでセックスするなど、こうした場所でのセックスを好む場合はホテルよりも魅力的かもしれません。

(2) 自宅でセックスするデメリット

自宅でセックスするデメリットは飽きやすいことです。自宅である以上、そもそも毎日そこで暮らしているため環境に新しさがなく、また隣人に喘ぎ声が聞こえてしまうかもしれないという不安から、開放的な気分でセックスがしづらいのが欠点です。

 

こうした理由からセックスに飽きやすく、自宅でのセックスを繰り返すとマンネリの悩みを抱えるケースが多いのです。さらに盲点的な欠点を挙げると、自宅でセックスした時は男性のピロートークがあまり期待できません。なぜなら、自宅という環境には現実感があり、そのため甘いセリフも恥ずかしくて言いづらくなるからです。

ホテルでのセックスがもたらす影響

自宅でセックスできるカップルからすると、ホテルでセックスする必要性はないと思うかもしれません。特に夫婦の場合は生活にお金がかかりますから、お金だけで考えれば自宅なら無料でセックスできますし、時間とお金をかけてまでホテルに行く意味はないと感じてしまうでしょう。

しかし、ホテルでセックスすることにはそれならではのメリットがあり、例え夫婦でもそのメリットを得るためにホテルでセックスする価値は充分にあります。

(1) ホテルでセックスするメリット

ホテルでセックスするメリットは開放感があることです。環境的にセックスする場であるため声も気にせず、自宅に比べてシーツの汚れも気にする必要もないですからね。大胆かつ開放的なセックスができる雰囲気から、あなたも自宅以上にエロくなれるため、淡泊でマンネリのセックスからの脱却が可能です。

 

また、ホテルはなぜかその空間に甘さが漂っており、そのためお互い素直になりやすい環境ですね。このため、ちょっとしたケンカ中なら仲直りのきっかけ作りにも利用でき、ラブホテルの言葉どおりお互いの愛情を認識しあえます。彼氏や夫に甘さを求めるなら、ホテルでセックスすることでその願いは容易に叶うでしょう。

(2) ホテルでセックスするデメリット

ホテルでセックスするデメリットは、セックスがエロ重視になりがちなことです。ホテルはその環境からセックス以外の場面…例えば二人で会話する時やお風呂、ピロートークにおいて男性は甘さを出します。しかしその一方で肝心のセックスは激しくなりがちであり、極端に例えればAVのようなセックスになりがちですね。

 

これは、男性の心の中で「せっかくホテルに来たから」の気持ちが働いているのが理由であり、自宅ではできないセックスをしたくなるのです。最も、セックスに甘さを求めるならそれは間違いなくデメリットですが、マンネリ解消を求めるならメリットになるとも言えるでしょう。

 

 

現実と夢という表現を使うなら、自宅でのセックスが現実でホテルでのセックスが夢のイメージになります。現実である自宅でのセックスには愛情に不安がなく安心できるメリットがありますが、ただ現実的である以上、セックスの内容としては至ってノーマルです。このため、ワンパターンでマンネリ化しやすくもなります。

一方、夢であるホテルでのセックスには男性も普段言えない言葉でも言いやすく、すなわち甘い言葉や雰囲気を堪能できるでしょう。ただ、普段と違う環境だからこそエロを求める気持ちも強くなり、セックスの内容自体はそれ重視のものになりがちです。それぞれの環境の違いは、セックスにおいてこうした影響をもたらします。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。