大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月13日更新

彼氏とLINEを長く続けるには?LINEを送る時に気をつけたいポイント3つ

彼氏とLINEを長く続けるには?送信時に気をつけたいポイント3つ

彼氏と楽しくLINEしたいと思うのは、女子なら誰もが感じることですよね。しかし、自分では考えて送っているつもりでも、なぜかLINEのラリーが続かないこともあります。一体何が悪いのか…と悩む前に、彼と楽しくLINEするときに気をつけるポイントを3つチェックしてみてください。無意識に当てはまっているものもあるかも…?!

ネガティブな話題は少なめに

彼氏に、最近あった話題としてLINEで仕事などの愚痴を言うこともありますよね。それ自体は決して悪いことではありません。愚痴を吐くことは誰にだってあり、彼氏に自分の気持ちを受けとめてほしいと甘えることは自然な感情だからです。また、男性は彼女や好きな人には頼られたい、甘えられたいと思う人が多いので、彼女に愚痴や悩み相談をされることに悪い気はしません。

 

ただし、それも限度があります。いつも愚痴などのネガティブな話題ばかりだと、聞いている彼氏はだんだんと疲れてきてしまいます。そもそも愚痴は相手の悪い感情を聞くので、話される汚い言葉に聞き手の心が疲れてしまう弊害があるのです、そのため、あまりに毎回の愚痴には「また愚痴か…」 と思いますし、相談として解決しようと返信にも神経を使うので精神的に参ってしまうんですね。その状態が続くと、LINEするのがやがて億劫になり、彼女の存在すら面倒だと思うように…。

 

彼氏とLINEをするときは、ネガティブな話題は少なめにするのがマストなルール。年に数回愚痴るくらいならいいのですが、毎週くらいの頻度だと、LINEのやりとりの減少だけでなく、彼氏の気持ちが冷めるきっかけにもなってしまいます。

LINEの話題はお互いに楽しい話を!話題が明るかったり笑えるネタの方が、LINEは続きやすいですからね。

早く返信しすぎない

彼氏からのLINEってすごく嬉しいですよね。メッセージを見るのも楽しみですし、すぐに返信して早く次のメッセージがきてほしいとも思うでしょう。しかし、だからといってあまりにもすぐに返信すると、彼氏の負担になってしまう可能性があるので注意。返信したばかりなのにもう通知がついていたら、また返信しないと…と思ってLINEが義務化されたように感じてしまうんです。

特に真面目な性格の男性や愛情深い男性は、通知を溜めておかずにすぐに返そうとする傾向が高いです。そのためLINEに時間をとられるようになって、次第にLINEが楽しくないと思うように…。

 

もともと男性は女性ほどLINEに重点をおいていないため、LINEのやりとりも女性が思っているほど楽しいと感じてはいないんです。彼らにとって、LINEは必要事項を送る連絡ツールですから。なので即返信ばかりになるようなLINEのやりとりは避けておきましょう。彼氏の返信スピードを参考に、多少は間を空けた方がお互い気軽にLINEできるし、やりとりも長く続きます。

ただし、寝る前や休日の夜など、彼氏が暇そうなときは早めに返信してチャットのようにやりとりしてもOK。いつでもすぐに即レス!の状態さえ作らなければ、LINEに時間がとられることもないので、LINEで彼氏と繋がってることは可能になります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。