大人女子のためのWebメディア
検索
2020年06月17日更新

友達に嫉妬されない上手な恋バナの仕方ってある?

そのノロケ話ちょっと待って!友達に嫉妬されない上手な恋バナの仕方って?

彼氏と良好な関係の女性はついノロケ話を始めがちですが、友達に嫉妬されるおそれがあります。人間関係を損なわないためにも、角が立たない上手な恋バナのやり方について学びましょう。

彼氏との関係は事実に沿いつつ控え目に表現する

ノロケ話が嫌がられる理由として他者への優越感があります。話す本人にその気がなくても聞く側がそのように解釈してしまうので防ぎようがありません。また、無自覚のうちに彼氏との仲の良さで優劣を決めてしまうケースもあることから、恋バナを始める際は相手がどう解釈するかを踏まえて慎重に判断する必要があります。

自分と彼氏の関係の度合いについては事実に基づきながら、控え目な表現で伝えるのが大人のマナーです。初々しさを感じさせる話し方によって、自慢をしているように思われる事態を回避できます。

敢えて熱々な関係であることを強調する

恋バナは話す側にとっては非常に楽しいものですが、聞く側も必ず喜んで聞いてくれるとは限りません。この認識の違いが嫉妬に至る大きな理由のひとつです。そのため、敢えて堂々と自慢することで笑い話に変化させ、嫉妬を避ける方法もあります。

普通のノロケ話よりも大げさに熱々な関係をアピールする自慢の方が却って好印象を抱かれることがあるためです。自慢ではあるものの嫌味を感じさせない、むしろ応援したくなるように思わせれば余計なトラブルに見舞われる心配はほぼなくなったと言えます。

親族同士の付き合いであることをアピールする

恋バナは本人同士の事柄が主題ですが、そこにお互いの親族が絡んでくると家同士のお付き合いという雰囲気が強くなります。彼氏とのノロケ話ではなく、結婚によって家同士の繋がりが強くなり、これからの付き合いが大変になるだろうと思わせることができるのです。

ノロケ話に嫉妬するのは女性とその彼氏との関係が魅力的であり、自分が当事者になることができなかったことへの不満が根底にあります。しかし家同士の繋がりになると自分だけの問題ではなくなるので、男性との関係だけに目を向けるわけにはいきません。煩わしさも伴う親戚との付き合いを意識してしまうので、嫉妬する気持ちが自然に減退します。女性と彼氏の結婚よりも、その後の家族同士の付き合いを強くアピールするのがポイントです。

嫌味を感じさせないことが重要

上手な恋バナは聞いて楽しく、それでいて自分は当事者にはなりたくないと思わせる内容であることが重要です。

ノロケ話に嫉妬するのは自分にもあったかもしれないチャンスを逃したという不満が主な理由です。そのような不満を抱かせないためにも、嫌味がなく他人事でよかったと思わせることを忘れてはいけません。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。