大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月09日更新

不倫の恋に本気になっている女性が知っておくべきこと

不倫の恋に本気

相手や自分が結婚しているのに、どうしようもなく人を好きになってしまうことはあるかもしれません。

恋する心は止められずに、誰にも言えない背徳感に気持ちが高ぶり、いけないと思いつつもメラメラと燃え上がっていくのが不倫です。

しかし、不倫の恋に本気になってしまうと、その関係を終わらせるのは容易ではありません。

もし、あなたが不倫の恋に本気になっているのであれば、知っておくべきことを紹介します。

「彼にとって、私は特別な存在」と思うのは不倫の幻想

不倫相手に本気になっている女性は、連絡したらちゃんと返信をくれる、デートのプランを考えてくれる、ちゃんと愛情表現をしてくれる、エッチも情熱的に求めてくれる…と不倫相手との恋愛を楽しんでいるのではないでしょうか。

さらに女性が既婚の場合には、自分に見向きもしなくなった夫と不倫相手を比べていることが多いです。

恋愛の良い部分だけを見て、夫よりも彼の方がいい人なんだ、私には彼が必要なんだと思い、相手への気持ちが強くなってしまうのです。

 

特に職場不倫などの場合にありがちなのが、女性が『彼にとって、私は特別な存在なんだ』と思っていることです。 

「彼の仕事の大変さをわかってあげられるのは自分だけだ」「奥さんよりも私のほうが彼のグチを聞いて癒してあげられる」と、自分が相手にとって特別な存在と思っていても、それは不倫の幻想です。

会社の人も奥さんも知らないことを知っているという優越感でそう思い込んでいたり、不倫という倫理に反したことをしている免罪符として「私は特別な存在なのだから仕方ない」と思っているのです。

 

関連記事はこちら:>キスに違いが…?セフレと本命で違いがでるキスや行動7選

不倫相手の言う「好きだよ」は信用できる言葉ではない

禁断の恋であっても不倫相手から「好きだ」と言われるのは嬉しいものでしょう。

ただ、不倫相手の言う「好きだよ」は100%信じられる言葉ではないのは間違いありません。

浮気や不倫を一度した人は、大抵同じことを繰り返します。それはつまり相手を裏切ってはいけないという気持ちよりも、目の前の自分の欲望や誘惑に弱いともいえます。

「奥さんよりも、君の方が将来を想像できる 」「奥さんとエッチなんて全然してないよ、ダメなんだ 」「結婚しなきゃよかった」というような言葉を既婚男性が言っていたら、全く嘘ではないのかもしれませんが、本当に100%心から思って言っている言葉でもないとうことはわかっておきましょう。

その気持ちが本気なら、すでに行動に移しているはずです。

あなたに会う時間は作ってくれるけど、それ以上にあなたとの未来を選ぶために、具体的な行動をとってくれていますか?

不倫相手があなたを「好きだ」と言っていても、彼には家庭で過ごしているあなたが知らない時間があるのも事実です。

あなたが知らない時間は、案外家族と楽しく過ごしているかもしれないというのは知っておくべきでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter