大人女子のためのWebメディア
検索
2020年03月12日更新

セックスができない…怖いと感じてしまう理由と対策方法

セックスができない…怖いと感じてしまう理由と対策方法画像

女性の中にはセックスに恐怖を感じてしまい、セックスできないという悩みを抱えている人もいるでしょう。
中には男性とお付き合いしていたけど、どうしてもセックスができないために振られてしまったという方もいるのではないでしょうか。
今回は女性がセックスを怖いと感じてしまう理由と、その対策方法を紹介します。

怖いと感じてしまう理由

セックスを怖いと感じてしまう理由として考えられるのはいくつかあります。

経験がなくて怖い

今までセックスを経験したことがない、どういうものなのか想像できないという人は、恐怖を感じてしまうでしょう。
男性の場合、10代の頃から性に興味を持ち始め、写真集やAVを見ることもあるためどういったものか想像しやすいという人も多いのですが、女性はそういったものを見ることも少ないため、どういったものなのか想像できない場合もあるのです。

トラウマがあって怖い

セックスは初めてじゃない人でも、過去にセックスにトラウマがあるため怖いと感じ、できなくなってしまったという方はいます。
例えば前の彼氏が異様な性癖を持っていたり、男性本位なセックスをしていたためにセックスに恐怖を感じている場合もあるでしょう。

妊娠してしまうかもしれないので怖い

セックスでは当然妊娠のする可能性があります。
そのため、妊娠してしまうかもしれないという恐怖を抱いている人は多いのではないでしょうか?
いくらコンドームを付けていても、避妊が100%確実にできる保証はないためセックスすることに抵抗を感じてしまうのです。

コンプレックスが原因で別れることになるのが怖い

女性が自身の体にコンプレックスを持っていて、セックスの時に見られてしまい、それが原因で男性に嫌われて別れることになってしまうかもしれないという思いから、セックスするのが怖いと感じてしまっている人もいるでしょう。
例えば胸が小さかったり、お尻や脚が太かったり、毛深かったりすると、デートの時はある程度服装でごまかすことはできますが、セックスになると裸にならなくてはいけないため、隠せなくなってしまうためセックスを避けようとするのです。

セックスを怖いと感じた時の対策方法

セックスを恐怖に感じている人でも、セックスが愛情表現の一つであることは分かっていて、彼のことを思うと本当は一緒にセックスをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。
そこで、セックスを怖いと感じた時の対策方法をいくつかご紹介していきましょう。

彼氏に素直な気持ちを伝えてみる

思い切って彼氏にセックスが怖くてできないという気持ちを伝えてみましょう。
そして、どうすれば怖くならずにセックスができるようになるのかを二人で解決策を探っていくことが大切です。
二人で解決していくことでより一層愛を深めることができるかもしれません。

同性の友達に悩みを聞いてもらう

彼氏がいる友達にあなたの悩みを聞いてもらいましょう。
特にセックスをしたことがなくて怖いと感じている人は、友達からの経験談を聞くことで様々なことを知ったり、具体的に不安に思うことを事前に聞いておくことができます。
一人で悩むよりも誰かに話すことで心の負担が軽くなったり、気持ちを切り替えるきっかけにもなりますよ。

自分磨きをする

体にコンプレックスを持っている人は、まず自分の体のコンプレックスを直すための自分磨きを始めてみましょう。
見られても恥ずかしくない体にすることで、セックスの時も安心して行為に集中できます。
また、場合によってはあなたのコンプレックスが男性にとって気にならなかったり、むしろ好かれる場合もあります。
例えば細い体型よりもぽっちゃりした女の子の方が良いという男性や、胸が小さい方が良いという男性もいるのです。
そのため、自分では気にしていても相手にとっては逆にそれがチャームポイントになっているかもしれません。

おわりに

セックスができない、怖いと思ってしまうことが原因で彼氏を作れないという女性もいます。
セックスができないのは心の問題も大きいため、一人で悩まず誰かに相談してみるのも良いでしょう。
相談相手は身近な友達でもいいですし、もしトラウマなどで心理的な問題がある場合には専門家に相談してみるのもおすすめです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

性の悩みやナイトライフについて紹介していくGrapps公式アカウントです。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。