大人女子のためのWebメディア
検索

実は女性が辛くなる…既婚女性×独身男性の泥沼不倫

実は女性が辛くなる…既婚女性×独身男性の泥沼不倫1画像

不倫は既婚男性と未婚女性の組み合わせが多いイメージでしたが、最近は既婚女性と未婚男性の不倫が増えているそうです。

既婚男性と未婚女性の不倫は、女性はあまり辛い思いをすることはないかと思いがちですが、実はそんなことはなく、女性も辛い思いをすることが多いのです。

 既婚女性の不倫が増えている要因

最近では、女性が結婚後も仕事を持って社会へ出ているために男性と知り合う機会も増えたり、SNSが普及したことで、過去の男友達や元彼とも簡単に連絡がとれるようになりました。

さらに、ちょっと刺激が欲しいと思ったり、遊びの相手を探すつもりで気軽にマッチングアプリを使う既婚女性も増えてきていることなども、女性の不倫が増えている要因といえます。

独身男性が既婚女性に魅かれる理由

最近の女性は結婚しても、出産してもきれいな女性が多く、既婚女性に魅力を感じてしまう男性は多いようです。

最初は「既婚女性なら、後腐れなくちょっと遊べるかな」と軽い気持ちで関係を持つ独身男性も少なくありませんが、そこから本気になってしまうとお互いに辛い思いをすることになってしまいます。

 

既婚女性は結婚したいと焦って必死に男性へのアピールをしたり、ガツガツしていることもないため、独身男性は既婚女性に大人の余裕を感じます。

既婚女性も、独身男性から言い寄られて悪い気はせずに、軽い気持ちで付き合い始めてしまうのですが、そのうちに独身男性もつい気を許してしまい、何でも話しやすかったり、時には本音をもらして甘えたりするうちに既婚女性を本気で好きになっていってしまうというケースが多いのです。

独身男性の幸せを奪ってしまうことも…

実は女性が辛くなる…既婚女性×独身男性の泥沼不倫2画像

独身男性が本気になった場合、最初はそれほど入れ込んでいなかった状態の女性も次第に男性の気持ちにほだされて、相手を好きになってしまう可能性が高いです。

自分を本気で好きだと言ってくれて、必死になる男性の姿を見れば、心動かされないほうが難しいかもしれません。

しかも不倫という禁断の関係は、いけないと思えば思うほど盛り上がってしまいます。

 

当然ながら気持ちが伴う不倫であれば、独身男性はもちろん、女性もとても辛い思いをすることになります。

いつかは別れなければいけないと分かっていても、好きだからこそお互いになかなか関係を絶てなくなります。

男性も、既婚女性のことを忘れるべく新たな出会いを求めても、やはり禁断の恋である既婚女性を忘れることができずに、男性が幸せになれなくなってしまうこともあります。

本気で好きになった相手と一緒になりたいと思っても不倫では簡単に相手との再婚を望むこともできませんし、かといって相手の幸せを願って身を引くのも辛くなるのが現実です。

不倫の行末

最終的には、既婚女性と独身男性の未来はどこかで別れることになることがほとんどです。
独身男性が自分の将来のために見切りをつける、既婚女性が家庭に戻ろうとして独身男性を振る、不倫がバレて別れさせられる…などのケースがありえますが、いずれにしても本気になっている不倫は別れるのが辛いのは間違いありません。

 

好きなのに自分のせいで一緒になれないというシチュエーションは、相手を本気で好きであればあるほど、既婚女性の方が未婚男性に申し訳ない気持ちになり、辛い思いをすることになるでしょう。

もし独身男性が別れを切りだしたら、既婚女性は彼の幸せを願って身をひくことが男性に対しての最後の愛情表現になるのかもしれません。

 

誰にも相談できずに一人で悩みを抱えている方は、最後の手段として専門の占い師に今の気持ちや悩みを聞いてもらうのがおすすめです。

電話占いカリスでは、テレビや雑誌などのメディアでも活躍する人気鑑定士に電話で直接相談をして占ってもらうことができます。

 

・彼の本心は?

・このまま不倫を続けて幸せになれるの?

・今、自分がするべきことは?

 

電話占いカリス(PR:Tphereth)

 

質が高く人気の鑑定士に初回最大10分無料で、相手の気持やこれから二人の関係はどうなるのかを見てもらうことができます。ここから無料登録してみてくださいね。

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。