大人女子のためのWebメディア
検索
2020年04月11日更新

男女でこんなに違う!LINEに対する女性の疑問 VS 男性の本音

LINEに対する女性の疑問VS男性の本音

男女が付き合う過程では、男と女の違いを感じる場面が随所に見られます。そしてそれはLINEにも言えることで、男性と女性ではLINEに対する感覚が全く違うのです。だからこそ、女性は気になる男性からのLINEに対して時には喜び、また時には悩んでしまうのでしょう。そこで、男性とのLINEにおいて女性が悩みやすいケースをいくつかピックアップ、その時の男性の本音を解説していきます。

男性のLINEに不満を持つ女性

LINEに対する女性の疑問VS男性の本音

男性からのLINEに対して不満を持つ女性、その不満と多いのは次の2つです。1つ目に「男性からのLINEが少なくなった」、2つ目に「男性からのLINEが雑になった」…つまりLINEにおける量と質の問題ですね。また、全く別の不満として既読無視、そしてその理由として「忙しい」と答える男性が多く、これも女性が不満に思うことの一つでしょう。では、それぞれにおいて男性の本音をお伝えします。

 

女性の疑問「LINEの頻度が減る、内容が雑になるのはなぜ?」

男性の本音「目的を達成したから頑張らなくなった」

 

男性があなたを好きになったとしたら、付き合う望みを叶えるために頑張ります。その頑張りはLINEでも発揮、頑張って多くのLINEを送り、また内容も凝ったものにするのです。そして念願叶ってあなたと付き合えたとしたら、その時点で男性はもう頑張る必要はなくなり、そのためLINEも元の姿に戻ってしまいます。

 

要するに、この時の男性は目的に向かって勉強する学生の気持ちに等しく、必死にテスト勉強して満点をとれたことで、満足して勉強を止めてしまうのと同じでしょう。つまり、気持ちが冷めたわけではありません。あなたを好きなことには変わりない…しかしそのための頑張りが必要なくなったことがLINEに影響しているのです。

 

女性の疑問「本当にLINEを送れないほど忙しいの?」

男性の本音「時間的にはLINEを送れるが、それだけの余裕がない」

 

男性は女性に比べるとLINEが苦手で、そのため送るためには労力を使います。「スマホを手に取る→LINEを開く→メッセージを考えて入力する→送信する」、この一連の流れに労力を要する男性が多く、それだけの余裕がない時は忙しいことを理由にしてLINEを控えるのです。

 

最も、男性はウソをついているわけではありません。例えば、毎日残業するあなたが毎日部屋を掃除するのは難しく、時間的には可能でも仕事が忙しいのが理由で掃除はできないですよね。これと同じ心理であり、例え時間的には可能でも、仕事で疲れた男性にとって労力を要するLINEを送るだけの余裕はないのです。

男性のLINEに不安を感じる女性

LINEに対する女性の疑問VS男性の本音

付き合っている男性からのLINEに不安を感じる女性、その場合の不安の正体は「気持ちの冷め」でしょう。文字だけで会話するLINEは実際の会話と違ってどこか冷たさがあり、そのため男性からのLINEの内容次第では「気持ちが冷めたのではないか?」と不安に思ってしまうのも仕方ありません。特に、友人や他の女性に送ったLINEを知ると、自分に届いたLINEとの差に愕然とする女性も多く、その点の男性の本音をお伝えしましょう。

 

女性の疑問「彼女よりも女友達へのLINEの方が丁寧なのはなぜ?」

男性の本音「彼女だからこそ雑になりやすい」

 

これは別に彼女を軽く見ているわけではありません。彼女と女友達、男性が本音を出せる相手は間違いなく彼女の方で、その本音が雑なLINEとしてあらわれているだけのことです。現実的なことを言ってしまえば、LINEにおける男性の素の姿はとても彼女が喜ぶようなロマンチックなものではありません。

 

LINEを面倒と感じる男性は非常に多く、そのため文章も雑、絵文字も工夫しない…実に素っ気ないLINEこそ、LINEにおける男性の本音でもあるのです。つまり、女友達に対して丁寧なLINEを送るのは男性が気を遣っているからで、一方で気を遣わずにすむ彼女に対しては本音のLINEが出てしまい、完成度に差が生じるのです。

 

女性の疑問「既読無視するのはなぜ?」

男性の本音「返信が必要ないと判断した」

 

元々男性はLINEの扱いが雑ですから、既読無視もします。最も、既読無視と表現するとやはり「無視」の部分が気になってしまいますが、男性からすれば別に無視しているつもりはなく、単に返信が必要ないと判断しただけです。

 

女性でも24時間LINEすることはなく、どこからで会話に区切りをつけるでしょうが、区切りをつけるポイントが男性の場合は早く、それが女性からすれば既読無視に思えてしまいます。要するに、「会話終了」の判断基準において男の女の違いがあるということです。

 

女性からすれば、中には冷たいと感じる男性の本音もあったかもしれません。ただ、女性が不満や不安に思えるLINEでも、決して男性の気持ちが冷めたわけではないのです。男性と付き合う中で意見が食い違う場面に遭遇した時、それは男の女の考え方の違いだと解釈して納得することがあるでしょう。それならば、LINEにおいてもやはり男の女の考え方の違いがあると思ってください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。