大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼氏との初エッチ!彼を「メロメロ」にする秘訣おしえます♡
2020年03月17日更新

彼氏との初エッチ!彼を「メロメロ」にする秘訣おしえます♡

付き合い始めて、いよいよ彼との初エッチをする時には少し緊張しますよね。

ここで失敗すると今までのラブラブだった関係が気まずくなってしまうことも…。

彼氏に浮気されないためにも、ぜひ彼をメロメロにする秘訣と、注意するべきことを知っておきましょう。きっと彼氏も「今までで1番いい!」と言ってくれるはずですよ!

メロメロにする秘訣 ~キスを長めに~

「いざ、彼氏と初エッチ!」となったら、まずは下着にも気をつけましょう。

最初は白や淡い色の下着にしておくのが無難です。

最初から赤や紫など派手な色だと、手慣れた女性のように見えてしまうことも…。

もし、下着の準備をちゃんとしていない時に突如、彼氏と初エッチの展開になってしまったら、シャワーを浴びてタオルを巻いた状態で始めれば大丈夫です。

 

彼氏との初エッチで1番大切なのは「キス」です。

彼氏が次に進みたそうでも、できるだけ焦らしてキスの時間を長くしましょう。

ただディープキスを続けるのではなく、フレンチキスや、首へのキス、耳へのキスなどバリエーションを変えて、お互い盛り上がるような雰囲気を作るのか大切です。

彼氏が前戯を始めようとしても「焦らないで」「ゆっくりしよう」と優しく耳元で囁いてください。

キスの時間は、少なくとも15分くらいあるといいですよ。

メロメロにする秘訣 ~前戯編~

キスの次はいよいよ前戯です。

エッチ中の「声」はとても大切なので、最初は特に意識してください。

少しでも感じたら「すごい」「気持ちいい」「もっとして」など、できるだけたくさん感じていることを伝えましょう。

喘ぎ声も恥ずかしがらずに自然に出したほうが男性は喜びます。

 

ただ絶対に、痛いのを我慢したり気持ちよくないのに「気持ちいい」と言うのはNG。

その後も彼氏の前戯はそれが普通になってしまっては、エッチが苦痛になってしまいます。

もし、彼氏の前戯があまり上手でない場合には、最初にきちんと言っておかないと「これで彼女は感じている」と思われてしまいます。

例えば強く触られて痛かったときは「もうちょっと優しくさわってくれたほうが気持ちいい」など、彼氏の下手さを指摘するのではなく「私はこうされるのが好き」というアピール風に伝えるのがベストです。

 

また、彼との最初のエッチではフェラなど、あなたから彼を攻めるのはやめましょう。

「すごく慣れてる…」「前の彼氏に教わったのかな?」など、彼が不安を感じてしまいます。

2回目以降だったり、特に彼から求められた場合には良い刺激になりますが、最初のエッチではやめておくのが無難です。

初めての相手とのエッチは、気持ちが高ぶりすぎたり、緊張や焦りでスムーズにいかないということもあります。

そんな時も彼氏が自信を失ってしまうことのないよう、ハグをして愛情を伝えるなど、フォローしてあげることが大切です。

メロメロにする秘訣 ~挿入編~

挿入はあなたが十分感じて、濡れてからにしましょう。

この時も積極的に「彼を好き」「エッチするのが嬉しい」という気持ちをアピールをしましょう。

例えば「〇〇君とひとつになれてすごく嬉しい」「〇〇君が私に入ってる」「〇〇君、大好き」など、そういうセリフをたくさん言ってあげると、お互い精神的にもとても満たされます。

もちろん、気持ち良ければそのまま快感を抑えずに声を出してOKです。

終わった後も、彼に「◯◯君とのエッチ、すごくよかった」「◯◯君とエッチして、もっと好きになっちゃった」など、彼に気持ちを伝えるようにしましょう。

まとめ

彼氏と初めてのエッチをする時に、前の彼氏と比較したり、ダメ出しをするのは禁物です。

女性のことが好きであればあるほど、最初は緊張してしまうもの。

たとえ彼氏があまりエッチがうまくなくても、スムーズにいかなくても、ここで男性のプライドを傷つけるようなことを言ってはいけません。

「〇〇君との関係を大事にしたいから、ゆっくり進んでいこうね」と言えば、彼氏は絶対にキュンとするはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

性の悩みやナイトライフについて紹介していくGrapps公式アカウントです。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 彼氏との初エッチ!彼を「メロメロ」にする秘訣おしえます♡
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。